作成者別アーカイブ: さちたろう

さちたろう について

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画とテニスが趣味です。香川元太郎GALLERYの管理人です。

11月13日・修整と加筆の日々


曇り空です。一日中暗い感じでした。


朝の散歩は元太郎とさちたろう。
颯爽と歩いてます。どうしても運動不足気味の元太郎。
犬の散歩は面倒だけど、運動のつもりで出た方がいいね。


遊歩道はここでおしまい。いつものコースだと、大体ここが半分くらいで、あとは帰り道というイメージ。
今日はファービーも嫌がらず歩きましたが、しぶしぶ散歩するときも、ここを過ぎると調子よく歩き出します。
お家好きで出不精のファービー、やっぱり家が近づいてくる感じが良いんだろうね。


夕方の散歩は、元太郎としおりで阿須公園へ。
ロングリードにしても、ほとんど動かないこともあるファービー。
今日もさほど遊ばなかったらしい。。。ちょっとおじさんになって、そんなに遊ばなくてもよくなっちゃったのかしら??


こはるは来月3歳になるけど、まだまだ子供っぽい。
広場に連れてくると楽しそうによく遊びます。


新しい車での散歩、ファービーは以前と違って、バリケンでの移動があんまりお気に召してないようです。ドライブが嫌いになっちゃうかな?
慣れてくれるといいんだけど。。。


元太郎は、今日は午後、地元の絵画サークルの講師の仕事に出かけ、それ以外の時間は、昨日同様、お見せできないイラストを進めてます。
でも、昨日のラフスケッチとは別のイラスト。一連の仕事で、以前描いた原画に加筆する依頼が7枚もあるんだって。
さらに今夜、全く別件ですが、やはり再使用する和歌山城イラストにも、加筆の依頼が!
このところ、ずっと「修正」と「加筆」の日々です。

11月12日・秋深まって


ちょっと雲が多いけど、一応晴れかな?
ちょっと気温が下がった気がする。。。


朝の散歩は元太郎とさちたろう。
木の葉っぱが黄色くなって、秋が深まってます。


地面も落ち葉で彩豊か!!
ブルブルしているファービーの踏ん張った足がかわいい。


布団乾燥機を使っているベッドの上で、昼寝するワンズ。
上に乗っちゃうと、温風が滞っちゃうんだけど。。。


ファービーのワクチン接種のため、さちたろうがファービーだけ連れて動物病院へ行きました。
こはるは、一緒に連れて行ってもらえると期待していたのに、お留守番。
ずっと玄関で「ピーピー」言っていたそうです。
別に楽しいところに行ってきたわけじゃあないんだけどね。


夕方の散歩は元太郎とこはる。
神社の脇の階段を降りて川へ。ここは広々していいね。
ファービーは「絶対行かない!!」とハウスに引きこもって出てこないので、お留守番です。
今日はワクチン注射をして、安静にと言われているから、まあいいか。


元太郎は守秘義務のある仕事に再び突入。
仕事内容はお見せできませんが、ラフスケッチに対する先生方のご指示がまとまったので、それに対する修正作業です。
夕方までは紙の上で修正したり、描き足す部分を別の紙に描いたりていましたが、夕方からはPhotoshopを使っての合成と仕上げ作業です。
風景中に描き込む看板の文字など、細かい部分は1ピクセルのブラシでないと書ききれません。
データは拡大して描けるのがいいところだけど、本画の時はどうする?

11月11日・イエローVAN


今朝はちょっと雲が多かった。
それでも、温かな過ごしやすい1日でした。


朝の散歩はワンズ2匹を連れて、元太郎が行ってくれました。
細い道のすれ違いは順番に。歩行者が通り過ぎるまで、いい子で待て!!です。


いつもの河原コースへ。木々がだいぶ色づいてきてます。
帰り道で久しぶりに、イエローラブのマッシュちゃんに会ったそうな。
さちたろうは夏以来、会ってないかも。。。時間が合わないんだろうな。


さて、約10年乗っていた、HONDAのFreedをN-VANという軽自動車に買い換え、今日が納車でした。
商用車で、後ろと助手席の座席は簡易なので、乗りごごちはイマイチだけど、荷物はたくさん乗ります。


後ろの荷台は犬のバリケンを2つ入れて、ピッタリ。
ファービーは今まで後部座席にカゴを固定して乗っけてたけど、今度からこはる同様バリケンでのドライブになります。ちょっと不満そう・・・。


黄色いボディがちょっと派手。
もう一台が赤だから、駐車場がかなり華やかになりました。


夕方の散歩は、さちたろうとしおり。早速、新車で阿須公園へ。
ちょっと、トラックを運転している気分でした。
ファービーも問題なく、おとなしく乗ってました。


暗くなるまでボール投げで遊んで帰宅。
今日はさちたろうが運転したけど、次回はしおりも運転して、新しい車に慣れないとね。

掲載誌のご紹介です。

ベストパートナー12月号。
2年間、伊東潤先生の連載「関東甲信越の名城をめぐる」に、板垣さんと交代でお城の復元イラストを描いてきましたが、今月号で連載終了です!


締めくくりは江戸城です。
元太郎のこのイラスト、初めて家康時代の鳥瞰図を描いたものだそうです。
元太郎としてはそれなりに自信作らしい。
今さちたろうが行っているHPのリニューアル作業で、新たに載せたいと思います。
元太郎の今日の仕事は、公開できないイラストのラフスケッチ修正作業。
また修正ですが、今度のはラフでの打ち返しに答えての修正なので、想定されていたことです。
ラフの段階で十分やり取りし、隅々まで検討してから本画に入ったほうが、あとが楽だね!

11月10日・トリミングでスッキリ


昨日の雨から一転、今朝は朝から快晴です。
気温も暖かく、過ごしやすい1日でした。


朝の散歩はさちたろうとこはる。
いつものコースを行こうと思ったら、前方の細い道に、よく吠える犬嫌いのワンちゃんが歩いていたので、コース変更で、川下の方へ。
ちょっと遠回りにはなったけど、気持ちのいいお天気だったから、結果オーライです。


ファービーは元太郎と近所の散歩。
いかにも歩きたくなさそうなポーズ。。。今日はこの後、美容院なので、体力温存でも、まあいいか。


2時に予約していた美容院にワンズを連れて行き、4時過ぎに、「終わった」と連絡をいただいたので、迎えに行きました。
行きは、尻込みして、なかなか入り口に入らなかったワンズも、帰りはドアが開くのをまだかまだかと待っています。
この美容院は今回2回目、とても手早く綺麗にトリミングしてくださいます。
ワンズにとっては、苦手な場所のようですが。。。


美容院の帰り、グラウンドに寄って、ちょっと散歩。
トリミングでお疲れかと思ったけど、2匹ともガンガン引っ張ってます。


珍しい場所で、ジョン君に会いました。
いつもは対岸の遊歩道で会うことがほとんど。ちょっと久しぶりです。
こはるが最近、同じぐらいの体格のワンちゃんを怖がり、寄ってくると威嚇するようになってしまって困ってます。
夏まで大丈夫だったのに、今日はジョン君にも怖い顔して威嚇してました。


さあ、帰りますか?
いつもはなかなか車に乗らないこはるちゃん、今日はすんなり乗りました。
流石に、トリミング後で、お疲れのようです。


やってもやっても終わらなかった、佐和山城のラフが、やっと今朝終わったそうで、元太郎の顔がちょっと明るくなりました。
昨日は、先が見えない作業に参っていた様なので、周りも少しホッとしてます。


でも、また時間のかかる作業が。
先日仕上げた明石城の直しが来たそうで、午後は修正作業をしています。
すでに画像を管理用のストレージにアップし、ホームページにも掲載しようと、さちたろうも更新作業を進めていたのですが、一旦保留です。


白で消して、建物の数と配置を描き変えたのかな。。。
元太郎はラフスケッチで建物の輪郭まで描いてチェックを受け、ラフ段階で修正してから本画を描き始めるので、通常は仕上げてから大きい修正指示が入ることはありません。
ただこの仕事は、編集さんも監修の先生も、こういう仕事が初めての方々。
慣れていない先生だと、ラフスケッチは大雑把にチェックし、本画ができてイメージが具体的になってから本格的に考証したり、五月雨式に指示を出されたりする事もあります。
それも無理からぬことでしょう。
でも、一度描いたものを絵の具で消して描き直すのは大変な手間。
もうこれ以上、修正指示がないことを願うばかりです。

11月9日・時間がかかるのが悩み


朝から雨です。
予報は曇りなのに、1日中降ってました。


普段なら、雨なら散歩はパスするのだけど、そうすると、ファービーが便秘になるので、少しだけでも外に連れて行こうと言うことに。


傘をさして近くの団地まで行きました。
とりあえず、この辺りで、どちらも用が済んだので、早々に引き上げました。


しおりは、元太郎に頼まれた用事が終わると、自分のイラスト制作をしています。
その合間にお願いした、マグネットが完成。
車に付けていたものが色褪せてしまったので、新しいのをお願いしました。
A4サイズのキットなので、こんなにできました。
2台の車に付けて、余ったのはどうしましょう。。。


元太郎はやっと佐和山城の地形起こしが終わりました。
あとはPCに取り込んで建物案に移ります。


いつものようにPhotoshopを使って、別レイヤーで建物を描いています。
地形が複雑なときは、そのほうが建物をきれいに重ねられて良いのですが、ペンタブレットで描くので、手描きよりも時間がかかるのが難点。
今回は城下集落も結構あるそうで、城のメインの部分をペンタブレットで描いたら、城下集落は再び手描きにしようかと言い出しました。
歴史群像のイラストでも、今回は特にラフスケッチに時間がかかっているようで、元太郎も悩んでいます。


明日美容院の予約をしているワンズ。
ファービーもこはるもちょっと臭く、べっとりしてきてます。
最近は1ヶ月ぐらいの間隔で、次の美容院の予約を入れています。洗い過ぎも良くないらしいので、家でのシャンプーを見合わせているのだけど、流石に、間に1回シャンプーした方がいいかしら。。。

11月18日・地形起こしが終わらない


朝は曇り空でしたが、徐々に雲が晴れて、日中は日差しも出て、暑くなりました。
20度ぐらいの予報でしたが、もっと暑かったと思うよ。


朝の散歩は元太郎とこはる。
最近、やらなくなっていたのに。。。
こはるが、タバコの吸い殻をパクッと拾って食べちゃったそうで、元太郎が吐き出させてます。


怒られて、なんだかしょげた顔のこはる。


それでも懲りず、散歩中は、なんか落ちてないかなあ。。。。と地面を嗅ぎ回ってます。


しおりがファービーを連れて散歩(と言っても家の近所)しているところに遭遇。
「どこまで行ってきたんだビー?」とファービーのチェックが入ります。


帰りは一緒に。
家が近づいた(と言うか、最初からすぐ近く)ところで、どちらが走り出したのかダッシュになってます。
多分ファービーだな。


さちたろうは朝から、東京の昭島にある昭和の森テニスセンターに、全国レディーステニス大会の本線1日目の試合を観に行きました。
埼玉県の応援です。熱い戦いを繰り広げ、埼玉は3回戦に進みました。


さちたろうもしおりも出かけているので、夕方の散歩は元太郎一人で2匹を連れ、阿須公園へ。
車に乗せるのも一人だとちょっと大変。
車を前に出さないと、後ろのドアが開かないので、こはるを一旦前の座席に乗せ、車を出してから、後ろの荷台のバリケンにこはるを移動します。
こはるもわかっていて、ちゃんといい子で乗ってます。


一人で2匹連れていると、それぞれが勝手に動いて引っ張るから、抑えるのも大変。


写真を撮るのも大変だから、まともにピントが合わない。


ボールを投げて遊ばせるのも大変。
なので、遊んでいる間は、写真を撮る余裕なしのようで。
それでも、今日はファービーもよく遊んだそうな。


今日も元太郎は佐和山城のイラストを描いています。
昨日、しおりにも手伝ってもらって、準備作業が終わった縄張り図。
色ペンでいろいろ描きこんでいます。


ここまで準備できれば、立体的な山城の形が起こせます。
まだ全体から見れば一部ですが、山上の主要な曲輪は大体形が取れたそうです。
あとは山の麓の平地部分。
今日のうちに地形起こしを終わらせたかったようですが、今日は別の仕事で色々メールや電話などがあって、夕方以降は進んでいません。
夜、仕切り直してもうひと仕事、だそうです。

11月7日・山城イラスト2人で準備


今朝は晴れました。
ちょっと暖か。。。半袖の上に綿のパーカーで調度いい。日によって着るものを調節しないとです。


朝の散歩は元太郎とさちたろう。
歩きたくないファービーを無理やり引きずって、川の脇の遊歩道まで来ました。
昨日は雨で、1日散歩に出なかったので、ちゃんと歩いた方がいいよ!!


最初は足を上げるとよろよろしていたのに、最近は片足を上げても安定しています。
バレリーナの様に綺麗なポーズでおしっこしてます。


斜めになっちゃったけど、割と綺麗に撮れました。
この後は、遊歩道を出て、一般の道へ。。。自由に歩けるのはここまでです。


夕方の散歩は元太郎としおり。
今日も暗くなってからの散歩になってしまいました。
暗いと、こはるがブレて煙になります。


ファービーは白っぽいから、まだちゃんと写る。
ファービーは相変わらず、佇む散歩です。

ここからは、元太郎としおりの仕事の様子。

元太郎が昨日始めた、縄張り図の等高線に色を付ける作業を、しおりが請け負いました。
山城の地形を起こすための準備作業で、10メートルごとに色を付けて分かりやすくしています。


その間に、元太郎は過去に描いたイラストの修正作業をしています。
これは、もう15年以上前に描いた和歌山城の鳥瞰イラストですが、新たに本に載せる機会に数箇所を修正することになりました。
日本城郭史学会の先輩で、和歌山の城の調査・研究をライフワークにされている水島先生が和歌山城の本を出すことになり、この門など数箇所を考証しなおして掲載することになったそうです。


元太郎は、和歌山城イラストの修正が終わったところで、画像データ取りもしおりに発注。
もう等高線マークが済んだ縄張り図を受け取って、地形起こし作業に戻りました。
今度は、高低差を取るための目盛りを書いているところ。
「今回は、遠近の差が大きいパースになったので、山の手前のほうの形を取る時と、奥のほうの形を取る時とで、別々の高さ目盛りを使う」とのこと。
あまりにも独自技術の話で伝わらないと思いますが、とにかく山城をパースに起こすのは、準備作業だけでも大変です。