10/30 油断大敵

今日はちょっと雲が多め。でも、だんだん晴れてきました。
気温も平年並みで、今日も爽やかな秋らしい1日でした。

散歩は智光山公園へ。元太郎としおりで行ってくれました。

到着して、歩き出した途端にタネだらけ。
栴檀草には気を付けていたのに、ちょっと油断したそうな。
この季節、あちこちにこういう罠があるよ。
「いやこれが、藪を歩いたわけでもないのに、いつの間にかついてたのよ。
あとから調べたら、チヂミザサらしいんだけど、背丈がせいぜい30センチくらいなんで、気にしてなかったんだよね。」(元)

まずキャンプ場まで歩き、分かれ道で「どっちへ行こうか」と相談して、林の道へ行くことに。
こっちのコースはたくさん歩くと知ってるから、違う道を行こうと主張するファービー。却下です!!

仕方なく歩き出したら、いいペースでよく歩きました。
アイコンタクトもちゃんとできて、いい顔してます。

元太郎は、飛騨市の城3枚目、野口城の線画に入っています。
これも広い範囲を鳥瞰した絵。
「線画は一日くらいで終わりそうだけど、山は多いし、色はそれなりに大変。
今度はどういう季節にしようかな・・・。」(元)

しおりは、イベント配布用シートを作成中。「ほぼ完成して、保存したら終わりってところで、使っていたソフトウェアがクラッシュ!
午後、作業したデータが消えてしまった!!」とショックを受けてました。
気を取り直して、その後やり直し、半分ぐらいのところまでは持っていったそうな。
2度目だから、作業も早いし、さっきの反省を生かし、修正もしながら進めているから、よりいいものになりそうです。

掲載誌のご紹介

ANAの機内誌「翼の王国11月号」です。

「くらべる迷路」はイースター島が舞台。
モアイって、もともと帽子をかぶって、目が入ってたらしいです。
飛行機の利用率もだいぶ回復してきたとの事、機会のある方はどうぞご覧ください。

10/29 自分たちで校正

今日は快。風があって爽やかだけど、日差しは強い。
とっても秋らしい日でした。

散歩は阿須公園。
ファービーはワンちゃん、そして、寄ってきた猫ちゃんとも挨拶しました。
猫ちゃんはワンちゃんと一緒に暮らしている子で、もしかしたら自分を犬だと思っているのかも。。。。

こはるは広場でボール遊びをしていましたが、ファービーが沈下橋を渡るのを見て、急いで追いかけてきました。

橋を渡って、対岸の岩沢公園を自然観察しながら散策し、戻りました。
散歩日和で、気持ちよかった。ファービーが最近よく歩くのは、気候がいいからかな。

今日の香川家の仕事。
しおりは、昨日から制作中の『恐竜の迷路』イベント用のパワポがひと通り完成して、元太郎とチェックしています。
イベントでは、問題に出していないかくし絵も、見つけて指さす子が時々いるので、そういう時にも「これ見つけたんだね、すごい!」とマルを出せるように、追加のアニメーションをいくつか追加することになったそうです。

元太郎は、2枚の小鷹利城がひと通り完成。
並べて写真を撮っています。
写真で絵の印象を客観的に見る作戦。
「春は、ちょっと夏との違いを意識しすぎたな。もう少し緑にしよう。」(元)
こちらも、ひと通り完成した後の校正ですが、物作りをしていると、自分たちでどれだけ客観的に見れるかが大事です。

でも小鷹利城はいったん片付けて、先日ラフ校正が届いていた月山富田城の仕事に入りました。
ラフスケッチに、武家屋敷を追加することになったそうですが、これは2時間くらいで終了。
夜、再び絵の具を出すようです。

10/28 ようやく春景色に?

薄雲が広がって、薄日が差すも、ちょっと曇り気味のお天気でした。
気温は、ちょっと動くとうっすら汗をかく感じ。
過ごしやすい季節です。

散歩は豊水橋の河川敷公園へ来ました。
連日だとファービーが歩かないかと思ったけど、今日はいつもよりノリが良かった。

普段なかなか広場に足を向けないファービーを、無理やり引っ張ってきました。
そしたらこはるが喜んだ!!

こはるだけでなく、今日はファービーもボール遊びをしたよ!!
2匹ともよく遊びました。

水を飲んで、さあ帰ろう。
珍しく、車に帰りついたのは、ファービーの方が後でした。

しおりは、今日もパワーポイント作業の続きです。
今日中に終わらせるつもりでしたが、急ぎの事務作業があり、予定通りに進まなかったようです。
明日までかかりそう。。。

元太郎は、昨日に続いて、小鷹利城2枚目の色塗りをやっています。
季節設定は春だそうですが、昨日までは冬景色でした。
ようやく春になってきた?

テレビ番組制作会社からDVDが届きました。
9月23日に放送されたBS11の「歴史科学捜査班」です。
番組は見逃していたのですが、再放送されるとのご連絡を頂き、そのことを申し上げたら送ってくださいました。

捜査の題材は明智光秀。
玄場尾城と熊本城イラストをお貸ししていたので、どういう使い方なんだろう?と思っていたら、「土の城と石の城」の比較という事でした。
「光秀は確かにどちらも築城してるからね。」(元)

夕方、ベッドで並んでおやすみ中。超かわいい♡

10/27 PCと絵の具

ちょっと青空も見えるけど、曇り空です。
雲間からたまに日が差す感じ。
過ごしやすい1日でした。

散歩は豊水橋の河川敷公園。
こはるはいつものように広場でロングリードで遊び、ファービーは、それを道で座って待ってます。
ファービーも遊べばいいのにね。

元太郎は、現在色塗り中の小鷹利城を一時中断、PCに向かいました。
先週に校正が届いていた吉田城ラフスケッチの修正です。
液タブのおかげで、ラフ修正もだいぶ楽になったけど、それでも夕方までかかっていました。

その間にしおりは、小鷹利城の建物の色塗りをやってます。
2枚分だけど、集落の家などはだいたい同じ雰囲気なので、それほど大変ではなかった・・・かな?

色塗りが終わったら、今度はしおりがPCに向かい、迷路イベントのパワポのデータ作りに入りました。
芦屋美術博物館で開催の「迷路絵本 香川元太郎の世界展」でのイベントの準備です。
今年はコロナの影響で、新刊出版イベントがなかったので、イベント用のシートの用意もなく、パワポデータができたら、シート印刷も印刷屋さんにお願いするそうな。

夕方、ラフスケッチの修正が終わった元太郎が、しおりの色塗りが終わった小鷹利城を引き継ぎました。
春の山は、色が複雑だからちょっと手間がかかるそうで、またしばらくは絵の具仕事かな。
今日は二人とも、PCと絵の具を行ったり来たりでした。

10/26 今度は春

昨日よりは雲がある朝。今朝は寒かった。
日中は今日も爽やかでした。

散歩は阿須公園。
今日も元太郎としおりで行ってくれました。

こはるは広場でフリスビーとロープのボールで遊びました。
土日はなかなかできないロングリード、数日ぶりのストレス発散です。

ファービーは最初だけは歩いたけど、結局途中で動かなくなった。。。。
通りがかりのおじさんに「ストライキか?」と言われたそうな。

元太郎は、お昼頃に打ち合わせで外出。
イラストレーターのお知り合いと、イベントにブース出店する計画だそうで、そこでのアレコレを相談していたそうです。
同業の方と話す機会は少ないので、貴重な情報交換もできたかな。

小鷹利城のイラスト、大体できたようです。
集落の細かい家などは、しおりが塗ってくれることになったので、これは一旦終わりにして次のイラストへ。

次も、同じ小鷹利城ですが、今度は時代設定が変わります。
でも大事なのは、絵の大半を占める風景部分。
同じ構図なので、季節感を変えて、今度は春の風景にするそうです。
まだこれからだけど、山の色が要点!

10/25 綺麗な風景が大事?

久しぶりの快晴です。
湿度も低く爽やか!!
とっても過ごしやすい1日でした。

散歩は智光山公園。元太郎としおりで行ってくれました。
日曜日の行楽日和。公園内はとっても賑わっていたそうな。
爽やかで風景も綺麗。
だけど、日差しの中歩くと結構暑い。
ワンズも帰る頃には舌が出てました。

元太郎の仕事は、今日も小鷹利城の色塗り。
風景の雰囲気は出てきましたが、建物は全然塗ってないそうです。
「線画も終わってるから、建物塗るのは簡単。
それより風景のほうが難しいし、城の復元と言っても、こういう絵で大事なのは、綺麗な風景になることよ。」(元)
今日の散歩風景も参考になる?

ブログを書こうとパソコンの前へ行ったら、ファービーが。。。。
この椅子は犬達の取り合いになって喧嘩のもとなので、座らせないようにしていたのだけど。。。

10/24 小田原城ついに掲載

晴れました。
でも雲は多いです。
秋なのに、なかなか快晴にはならないねえ。。。

朝、2階の物干しからのぞいたら、散歩前に遊びたくて、元太郎を誘っていたこはる。
しばらくロープで、引っ張りっこをしてもらいました。
ファービーは、誘ってもノリが悪かったみたいです。

散歩は豊水橋の河川敷公園。
今日は、公園の北側のサイクリングロードから歩き始めました。

ファービーは、最初は調子よく歩き始めたのに、匂い嗅ぎで遅れ始め、結局そんなに歩かないうちに、「ここまでで帰るビー!!」と先に車に戻りました。
さちたろうはもう少し歩きたかったな!!

こはるは、来ないファービーを振り返り、振り返り気にしてたけど、来ないから諦め、サイクリングロードを降りて、川の脇の遊歩道を歩いて駐車場に戻ってきました。
ここでは、あまりワンちゃんとご挨拶をすることがないのが、こはるとしては少し物足りなさそう。
そこは近所の散歩の方がいいね。

元太郎は今日も小鷹利城の着色中。
こういう構図では、山がポイント。
立体感も出しながら、近景から遠景までの距離感を表現するのが、けっこう難しいです。
遠景の山はひと通り描けたようですが、近景はまだ1色塗っただけ。
今日寝るまでに山を上げるのが目標だそうです。

掲載紙のご紹介

「廃城をゆく7」(イカロス出版)年に2回前後出るシリーズのムックです。
今回は街中に城跡が残る城がテーマ。

元太郎が8月頃に描いていた小田原城、ついに初掲載です。
戦国時代の小田原城は、当時、全国最大の城だったそうで、お城ファンにも特に人気のある題材。
「今回は自分の考証なんだけど、注目度も高いから、ちょっと怖い。」(元)とのことです。
ご興味のある方は、どうぞご覧ください。