5/22 カンプで追い込み感が

曇りです。雨が降らない日はちょっと久しぶり。
気温は昨日よりは暖かだけど、それでも長袖でちょうどいい感じです。

雨が降ってないから、「こはるを走らせよう!!」と中橋付近のグラウンドへ。
今はここしかあてがない。。。
こはるがどんどん先にいっちゃうから、ファービーも慌てて追いかけてますが。。。。

ファービーは結局駐車場辺りと、階段を降りて河原へちょっとだけ行ってみただけで、すぐに車に戻ってしまいました。
こはるがファービーを待っても、全然来る気配がないね。。。

こはるは元太郎と、グラウンドの先の草地へ行き、ロングリードで遊びました。
久しぶりに走って嬉しそう。

今日の元太郎の仕事は、まず名古屋城の天守断面イラスト原画2点の梱包。
建設関係の会社から、イラストを活用したいとのお話を受けて、数カ月前から、色々打ち合わせをして契約書も交わし、今日いよいよ発送。
納品するものなので、台紙に仮止め用の紙片を付けたりして、出版社に原稿として送る時よりもかなり気を使っています。
発送は午後になりました。

いつもお世話になっているお城サイト「城びと」さんで、観音寺城イラストをお使いいただきました。
加藤理文先生の「お城の学校」など、多くの記事に元太郎のイラストを掲載して頂いています。
コロナ禍でお城歩きも自粛ムード、お城好きの方はどうぞ「城びと」をご覧ください。

しおりは、今日も迷路絵本の原画、8枚目の色塗り。
大物は終わって、今日は細かい魚やイカなどを描いています。
あとひと息?

そこへ、編集さんからカンプ(途中段階の校正)が送られてきました。
本文デザインなど、以前色々打ち合わせした内容に沿って修正され、かなり完成度が上がってきたそうです。
PDFを印刷して、気になった点に付箋を貼り、元太郎もチェックして意見などを書き込んでいます。
これをまたPDFにして返信しましたが、こういう作業をしていると、かなり追い込み感が増してきます。

しおりも8枚目にキリを付けて、9枚目に入りました。
まずはキャラクターの着色から。

元太郎は、色々他の仕事がありましたが、夕方からはイラストの仕事に。
昨日から描き始めた「戦国の城」用の「馬伏塚城」の本画です。
今日は線描きを終わらせる予定でしたが、例によって遅れ気味です。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA