カテゴリー別アーカイブ:

6月24日・元太郎、原画展会場へ。


昨夜の雨が上がり、晴れ間が見えてきました。
日が出てきて、気温がどんどん上がります。湿気もあるから蒸し暑い。。。


元太郎が朝の7時ごろ出かけ、朝の散歩はしおりとさちたろう。
ファービーは玄関のところでまたまたゴネる。。。
昨日は、1回しか散歩しなかったんだから、歩くよ!!


川の脇の遊歩道まできたら、ファービーも何だかご機嫌になって、軽快に歩いてます。


夕方の散歩もやっぱりゴネる。
行かないとゴネるところを引張たら、どんどん足が開いて潰れたようになってしまいました。


今日はちょっとコースを変えて、山の方へ来たら、空気が変わった。
避暑地の山の中みたいでした。
いつもと違うところだから?こはるがずーっと引っ張って歩くから重い荷物を持っているようでした。


昨夜、元太郎は新しく作った絵ハガキにサインを入れていました。
今日訪ねた、原画展の会場となっている2つの博物館で、お世話になった方々へのプレゼントです。

ここからは、原画展会場を訪れた元太郎のご報告です。

朝、早起きした元太郎は、電車と新幹線を乗り継いで静岡へ。
まずお訪ねしたのは島田市。
大井川を渡る手前の宿場が島田宿で、整備されて江戸時代の宿場の雰囲気が味わえます。


その島田宿の端にあるのが島田市博物館。原画展の会場です。


導入部には、元太郎のイラストを使った城の総説コーナーや、イラスト制作の解説パネルもありました。


案外、ご家族連れの方もいらしてました。
今回、2つの展示会場とも、元太郎のイラストと岐部さんの模型がコラボ展示されています。
大人の方は、イラストも良く見て下さっていましたが、子供たちにはやはり模型のほうがひびくようです。


午後は藤枝市郷土博物館へ。


田中城イラストがタペストリーになっていました。
原画はA3程度の大きさなんですが、こんなに大きくなってます。


こちらも岐部さんの模型とのコラボ。
藤枝市郷土博物館は田中城の絵図の展示もあって、そっちは撮影禁止ですが、元太郎のイラストと岐部さんの模型は撮影可となっています(島田市博物館も撮影可です)。


今日は藤枝市郷土博物館で、齋藤慎一先生の講演があるので、それに合わせてご訪問しました。
江戸東京博物館の齋藤先生、元太郎もお会いするのは初めて。
本にサインをいただいたり、講演を拝聴したりしてきたそうです。
来週の日曜は、今度は元太郎が講演する番。
おかげさまで、雰囲気がイメージできましたし、機材のチェックもできました。

6月22日・ちょっとは先が見えた?


爽やかないいお天気です。
日差しもあるけど、風もあったので、それほど暑くならなかったから助かった。


朝の散歩は元太郎とさちたろう。
いつもの川方面コース。
特に変わったこともなく、匂いを嗅ぎながら、ここまできました。


「誰にも会わないビー。。。物足りないビー。。。」


しゅわっち。


夕方の散歩はしおりとさちたろう。
朝と同じ川方面へ舵を取ったら、ファービーが動かない。。。
それじゃあと、逆方向に方向転換したら、嬉しそうに歩き出したファービー。
なんだか行きたい方面はあるようです。


ファービーに引かれてここまできました。
神社の脇の階段です。犬的には階段怖そうだけど。。。


ファービーはここにきたかったのかしら?
ここまでとっても軽快に歩いてきました。


朝の散歩よりはちょっと距離の長い散歩になりましたが、ファービーもこはるも割と楽しそうに歩いてくれました。
道々、バラの綺麗なおうちの方ともお話をして、ワンズも撫でてもらって、ちょっと嬉しかったね。


しおりがここ2~3日やっていたデジタル仕事(の一部)です。
付録など、絵本のまわりを固めるアイテム作りは、illustratorが使えるしおりの担当。
今週の出版社とのやり取りは今日がラストなので、夕方、ひととおりPDFの形にして編集さんにお送りしました。


元太郎のこの線画も、もう少しって感じです。
もちろん今日、寝るまでには終わらせる予定だそうです。
これが終われば、線画だけは12枚終ったことになりますから、ちょっとは先が見えた気持ちになるはずです。


元太郎の原画展開催中の藤枝市郷土博物館から、絵ハガキが届きました。
元太郎が描いた藤枝市内のお城4枚セット!とても良い印刷です。
右の2つは今回描き下した花倉城と朝比奈城。
左の2つは田中城の戦国期と江戸期。下の江戸期のほうが原画は小さいのですが、絵ハガキになるとそうは見えません。
「『ベストパートナー』に描いた絵だから、ノドは気にしなくていいし、構図も城がよく見えるアングルを選んでるからね。」と元太郎。
『歴史群像』に描く時には、「戦術的に説明したい部分がわかるように、この角度から、遠くにこれを入れて」と注文がつくことが多いんだそうです。

6月20日・島田市博物館の写真


朝から雨です。
今日は一日中雨が降っていたので、テニスのレッスンも中止。
みんなでずっと家にいました。


夕方、ちょっと雨のやみ間が。
元太郎が郵便を出しに行くついでに、便秘なりそうなファービーと、置いてかれたら狂いそうなこはるを連れてポストまで。
今日の外出はこれだけです。10分程度のコースですが、その間に2匹が2回ずつ大をしたそうで、「忙しかったけど、まあ外に出してよかったよ。」と元太郎。


今日の元太郎の仕事状況です。
夕方、『忍者の迷路』11枚目の線画が終り、アクリルメディウム液を吹き付けています。


夜には、『忍者の迷路』12枚目に取りかかりました。
まずは、原画サイズに拡大したラフスケッチの上で、色ペンを使いながら迷路やかくしえ、クイズなどを再確認。
細かい探し物やキャラクターの位置は、この段階で決めていきます。
15項目くらいのチェックポイントをクリアしたら、このラフに本画用紙を重ねて線を描きはじめます。

現在、静岡県の藤枝市郷土博物館と島田市博物館で、元太郎の城イラスト原画展を開催中。
先日、藤枝市郷土博物館の写真をご紹介しましたが、今度は島田市博物館から、展示風景の写真が届きました。

中央の大きい看板(タペストリー)は、チラシと同様、諏訪原城と大坂城の組み合わせ。
遠くからも目立ちます。


中には、こんな拡大パネルも。
つい先日、最新研究成果を反映させて修正した諏訪原城です。


そしてこれが諏訪原城の原画コーナー。
元太郎も諏訪原城は3回描いていますが、一堂に集まりました。


この壁は京都の城コーナー。
上3点が伏見城、下3点が二条城です。


そして大坂城コーナー。
岐部さんの模型を核にして展示していますが、ここに写っていないものもあって、大坂城は計7点出品しました。
左の2点は、2種類の真田丸復元案です。


姫路城と熊本城のコーナー。
島田市博物館は、取り上げる城を絞る代わりに、ひとつの城のイラストを複数展示して、多角的に見せる方式です。
岐部さんの模型も、見せ方にぴったり合っています。
おついでのある方は、どうぞご覧ください。

6月17日・展覧会の写真が届きました。


曇り空ですが、予報は晴れ。気温も少し上がるらしい。。。
昨日は寒かったもんね。


朝の散歩は元太郎とさちたろうでいつものコース。
ここのところ雨で散歩が少ないせいか、ファービーもそれなりに喜んで歩いている様子。
いくら散歩が嫌いでも、うちの中だけじゃつまらないよね。


阿須公園でたまに会う、ポメラニアンのアンちゃんに会いました。
アンちゃんはこはると年齢が近く、体が小さいのに、同レベルで遊べる数少ないお友達。
こんなところで会うのは初めてで、初めはわからなかった
ちょっと足を伸ばしたそうな。。。
どうりで、遠くに姿を見かけてから、こはるが落ち着かないはずだあ。。。


今日はしおりが留守なので、夕方は元太郎とさちたろうで阿須公園。
元太郎は久しぶり。。。だそうです。
さちたろうが連れたファービーは、遊びに関してはノリが悪く、立って周りを見回したり、座って周りの匂いを嗅いだり。。。あんまり動かない。。。


それに引き換え、こはるはいつも以上に元気!!
元太郎がダイナミックに遊んでくれるから、とっても楽しそうです。


そろそろ帰ろうかというところ。
どうやら、ファービーも元太郎と遊びたかったんだな。。。
それは気付きませんで。。。


元太郎は、今日もこの『忍者の迷路』10枚目の線画を描き続けています。
戦国時代の水軍船や、村上海賊の水軍城など、描き慣れたモチーフです。
でも「迷路」となると、複雑な道をつくるため、どうしても普通以上にたくさん物を描いて、画面を埋めないといけないのが大変。
あと、右下が残っていますが、寝るまでには終わりそうでよかった。

土曜日から、静岡県の藤枝市郷土博物館と、島田市博物館の共同開催で、元太郎の原画展が開催されています。藤枝市郷土博物館から、会場の写真が届きました!

藤枝のお城コーナー。
右の田中城は、丸い縄張りで有名な藤枝市を代表する城。
これは原画ですが、巨大タペストリーも展示されているそうです。
田中城は過去の作品ですが、左の2つの山城は今回の展覧会に合わせて描いた新作!
朝比奈城と花倉城で、現地を取材して描きました。(元)


廊下状の空間にも、原画がずらりと並んでいます。
手前は松本城。
藤枝市郷土博物館は「東日本編」ですが、長野あたりまでは東日本に入っています。(元)


元太郎のイラストは平面なので、より立体的な展示になるよう、岐部博さんによる城郭模型も合わせて展示されています。
岐部さんは、「お城EXPO」などにも出品している作家で、元太郎もよくTwitterでやり取りしている間柄です。
今回、元太郎のイラストを参考に、静岡のいくつかの城を新しく制作されたそうです!(元)

お城専門のサイト「攻城団」さんが、展覧会をブログでご紹介くださいました。
こちらもどうぞご覧下さい。

 

6月16日・イラスト集の見本が届きました!


朝から雨!!と思い込んでいたけど、ずっと曇りだったみたい。。。
雨ということにして、家事やら模様替えやらをして、朝の散歩はパスしてしまいました。


今日は重たい荷物が2つ届きました。
一つはプリントパックで印刷したお城の絵葉書。


関東、関西のお城を10城。
関東はほとんど戦国時代の城でした(^_^;)
藤枝市と島田市での講演、ワークショップの時にプレゼントできるよう、しおりが急いで注文したもので、なんとか間に合いました(^^)


こちらは学研プラスから発売される、元太郎のイラスト集。
まだ見本で、本屋さんに並ぶのは22日頃(Amazon等では19日になってます)


本の形状の
は聞いていたけど、実際手に取って開いてみるとこんな感じ。
メインの100枚は全て折込み!開かないと見れない面倒くささはあるけれど、ノドにかからず、描いたイラストそのままが見れるのはすごいかも!!


本を閉じたところはこんな感じ。
「これだけ折込みが入る本、初めて見たよ。折込みの分、小口の厚さが倍になって広がるから、ノドに調整のための厚紙が入るんだね。」(元)
復元イラストが目いっぱい詰まった、ちょっとゴージャスな感じの本になりました。


雨が降っていないなら、行かないとね、と出かけた夕方の散歩。
出てみると、霧雨の様な雨が降ってるじゃん!!
でも、昨日の夕方も雨で散歩してなかったから、ファービーも行く気満々で、まったく嫌がらずでした。


草が濡れてるから、阿須はやめて、いつものコースを歩く散歩でしたが、それでも、外は楽しい!!


こうして匂いを嗅ぐのも、犬にとってはストレス発散になるんだそうな。


今日から島田市博物館と藤枝市郷土博物館では元太郎の原画展が開かれていますが、元太郎はこの線画を進めています。
『忍者の迷路』10枚目ですが、半分くらいいったでしょうか。
明日いっぱいで線画を終わらせるのが目標だそうで、時間を惜しんで頑張っています。

6月11日・2人ともやっと次の絵に


朝から本降りの雨です。
台風5号の影響です。
気温もちょっと下がり、半袖では少し寒いかな。。。


先日トリミングをしたワンズの毛が、少し伸びて来たので、しおりが櫛で梳いてくれました。
ファービーは大人しくされるがままでしたが、こはるは櫛がこわい!!
怖いから必死で威嚇します。
こはるは怖いものが多い。。。鍋、ブラシ、靴べら。。。他にも色々。
特に金属質のものが苦手っぽいです。そしてなかなか慣れない(>_<)


2日に渡って雨で、ストレス値が上昇して来たワンズ、目が合う度、遊んで要求がすごい。
全部は対応できないけど、食事の後に相手をしてあげました。
ファービーの戦いごっこはだんだんエスカレートして、ミトンの上からガッツリ噛み付いてきます。痛くはないから許してるけど、他の時の噛み付きは許さないからね。
で、こはるはこのミトンが怖くて、こはるに向けると飛び退きます。


元太郎は『忍者の迷路』4枚目をやっと終わらせました。
この場面は戦国の山城がモチーフ(モデルは高天神城だそうです)。
描き慣れてるものではありますが、やっぱり迷路となると要点が全く違ってくるので、簡単ではなかったようです。


夕方、5枚目の合戦場面イラストに入りました。


しおりも、かなり長い間この室内の場面(8枚目)の色塗りにかかっていましたが、今日、やっと一段落したようです。


次は9枚目です。
実は、元太郎が担当の線画が終わっているのはここまで。
元太郎も、4枚目の仕上げが終わったらすぐに10枚目の線画を描かないと、しおりの作業が追い付いちゃう!
ほんとに最近余裕がありません。


そんな日々ですが、今日、島田市博物館さんから原画展のチラシが届きました。
先日とどいた藤枝市郷土博物館のチラシと並べて撮影。
この展覧会、2館同時に今週末から始まります。
来週には学研さんから元太郎の城イラスト集も発売されます。
とてもありがたいことですが、益々忙しい日々が続きます。

6月6日・雨ザーザーで梅雨入り


朝から雨が降ってます。
小雨かなあと思うとザッと降るの繰り返し。。。
午後には本降りになりました。
関東地方も今日梅雨入りしたそうです。


小雨の間に散歩に行くことに。
ファービーはさちたろうと。家の近くで用を足しただけの散歩でした。。予想通りです。
こはるは元太郎と。


昨年の夏までは、とうもろこしを植えて、見晴らしが良かった畑が、掘り返し整地されてます。
道を通すのか、家が建つのか・・・ちょっと残念。


小雨。。。と思って散歩に出たけど、結局、結構降ってきて、濡れそぼってしまいました。
こはるも濡れるのは嫌い。梅雨入りして雨が続くと、散歩に出れずストレス溜まりそうだね。


夕方は散歩に出れず、いつも散歩に出る時間が近付くと、まずはファービーがソワソワしだして、うるさく付きまとうようになりました。
ストレス発散させるため、元太郎が紐で引っ張りっこで遊んでやってます。


夕飯後は、ファービーは戦いごっこ、こはるは引っ張りっこ。
それぞれ一番好きな遊びです。
ワンズにとって、誰と遊ぶかも重要なのかな?

今日の仕事の様子です。

しおりは、ここ数日『忍者の迷路』8枚目の色塗りです。
でも、それを中断して本や画用紙の梱包と、書類作り。
次の日曜に岐阜県の多治見市で行うワークショップの準備です。


元太郎は、月曜から始めた『ベストパートナー8月号』用の城イラストを仕上げました。
これは伊那大島城。別名「台城」とも呼ばれる天竜川沿いの戦国城郭で、二重堀の丸馬出しが特徴だそうです。


そして杉山城。非常にテクニカルな造りながら、誰が築城したのかがわからず、議論になっているとのこと。
どちらも、戦国の土の城ファンにはよく知られた名城だそうです。
伊東潤先生が戦国の城を紹介する記事のイラストは、元太郎と盟友の板垣さんが交互に描いているのですが、『ベストパートナー』は横浜銀行の情報誌なので、他の地域の方にはご覧いただけませんでした。
でも、今年の12月に単行本化が決まったそうです!


お城の仕事が一段落した元太郎、午後から『忍者の迷路』再開です。
今度は10枚目の本画に取りかかるため、拡大したラフスケッチ上でかくし絵や迷路などの不備を整えていました。
ラフに本画用紙を重ねて、これから地塗りと線画です。