7/15 小田原城とうとう新規に

雲の具合で時々雨が降ってくるものの、午前中はずっと曇り。
気温は少し涼しいかな。半袖でも大丈夫だけど。。。
午後は再び雨になりました。

散歩は午前中のうちに。。。元太郎とさちたろうで、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園へ。
雨上がりで下が濡れているから、歩くだけの散歩ならちょうどいいとチョイスしたけど、舗装されてない道が多く、案外下がぬかるんで、滑りやすかった。
でも久しぶりに来たので、ファービーもよく歩いたから良かった(^^)

元太郎は、小田原城イラストのラフスケッチに入りました。
小田原城の惣構えはとても広くて、戦国時代最大の城といわれているそうです。
よく使用のご要望があるのですが、そのたびに元太郎がまだ若い頃に描いたイラストを貸し出していました(KAGAWA GALLERY歴史館689番)。
でも30年前のイラストなので、本人としては、考証内容や描き方などに気になるところもあるそうです。
今回「かみゆ」のTさんに機会を頂いて、とうとう新規に描くことになりました。

ラフスケッチに入ったといっても、まだ地形起こしの準備作業。
大きくて複雑な城なので、準備作業も結構な手間らしい。
いつものように地図にメッシュを書いていますが、いつもよりも細かめです。
これでもひとマスが200mだそうで、こりゃ大変だ!

7/14 出羽中山城ラフ完成

朝から、お昼過ぎまでは雨。
ちょっと涼しかった。
午後に、雨が上がりました。

午前中、元太郎は、出羽中山城のラフスケッチの続きを描いてます。
お昼前に、手で描く部分は大体終わった様子。

パソコンに読み込んで、画像ソフトで軽く着色しています。
ラフスケッチなので、あくまで分かりやすいように色分けしているという程度。
地形は黒、建物は赤などと、大体決めていますが、緑が入るとちょっとそれらしい感じに見えます。
メールで編集のTさんにお送りして、監修待ちです。

午後3時頃、雨が上がったので散歩へ。
今日も豊水橋の河川敷公園へ。元太郎としおりで行ってくれました。
こはるが、ファービーがこないから振り返って待っているところ。

ファービーは、歩きたくないとゴネてました。

しばらくして、覚悟を決めたのか、勢いよく歩き出しました。

ガマの穂を発見。
さちたろうの実家あたりでは見たことがなかったけど、関東に来てからたまに見るようになりました。
ガマの穂というと「因幡の白兎」を思い出す。。。

しばらく元気よく歩いていたのに、時折、こうして抵抗するファービー。
大分歩いたからそろそろ引き返す?

帰ると決まれば、走るように先を急ぐファービー。

雨上がりで、草が濡れているし、歩くだけの散歩でしたが、楽しかったかな?
雨で外に出れないと、2匹とも便秘になっちゃうから、1日一回は外に出ないとです。

7/13 釧路原画展報告

午前中は曇り。昨日より涼しかった。
午後から雨。明日にかけて結構降る予報です。

午前中に散歩へ。
豊水橋の河川敷公園へ、元太郎とさちたろうで行きました。
こはるは広場でフリスビーとボール遊び。
ファービーは広場の周りで匂い嗅ぎしながら探検です。
少し涼しかったから散歩は楽。こはるもいつもよりは走ったかな。。。

元太郎は、今日からお城の仕事開始。
出羽中山城のラフスケッチを描いています。

ここからは、元太郎の原画展報告です。

釧路市立美術館で開催中の原画展を、しおりと一緒に見に行きました。
コロナの影響で、会期が1か月ずれて、イベントも中止になりましたが、それでも1度は見ておきたいと、この時期に伺うことに。
10時の開館後すぐに会場に入りましたが、いらしたお客さんと色々お話したりしながら、3時半まで滞在。
その間に、ラジオのインタビューを受けたり、サインも30冊くらいしたり、充実の時間を過ごすことができました。

その後、学芸員のTさんと空港へ。
途中で、釧路湿原展望台に立ち寄っていただきました。
「どこか釧路で行きたいところは?」とのお申し出に乗っかって、「じゃあ釧路湿原を見たいな」と元太郎がリクエスト。
駐車場のある展望台だとちょっと遠いので、近くで見られるスポットまで木道のコースを歩くことに。
この木道が、左右に傾いてたり吊り橋があったり、なかなかワイルドでしたね。

夕昏時に、エアドゥの飛行機で帰ってきました。
しおり撮影のトワイライト。
お仕事も絡んで、ですが久しぶりに楽しい旅行でした。

7/11 2人揃ってお出かけ

朝は曇り。
昼頃雨で、一回だけ雷も鳴りました。
午後には晴れ間が見えてた。
なんだか、目まぐるしいお天気でした。

朝、9時頃、阿須公園へ散歩に行きました。
草が伸びて、草地は歩きにくいから、ファービーは舗装した道しか歩かない。

珍しく、今日はこはると一緒に広場まで来ました。
広場も草が伸びているから、ファービーは草に埋もれてしまうから行かない方がいいかな。。。。虫に刺されそうだし。

ファービーが広場に行かないから?今日のこはるは、ロングリードにしても、ファービーを気にして全く遊びません。
結局、遊ばないまま、ロングリードを片付けて、歩く散歩に切り替えました。

歩いていると、雨がポチポチし始めたので、あまり遠回りせず、駐車場へ向かいます。

久しぶりに、柴こはちゃんに会いました。
柴こはちゃんとこはる、誕生日がほぼ同じで、現在4歳。
柴こはちゃんは、すっかり落ち着いていました。
うちのこはるは、まだまだお子ちゃまですが。

散歩から帰って、元太郎は「歴史群-像戦国の城」中山城の地形起こし作業をしています。
午後に出かけるので、今日、作業をできる時間はほんの少しです。

日本文教出版の歴史教科書が届きました。
小学6年生用で、来年度から使われる予定です。
著作権契約があるので、中はお見せできませんが、この教科書のために描いたイラストが7枚掲載されています。

久しぶりに、元太郎としおり2人揃ってお出かけです。
散歩から帰った頃に、雨が本降りになり、出かける時もしっかり降っていました。
「いってらっしゃーい!!」

7/10 やっぱり直接話す方が

朝から雨です。
でも、日中は一旦止みました。

散歩は雨が止んだ隙に。。。
2匹一緒に家を出たのに、振り返るとファービーがいない。。。。
こはるは、しばらくファービーが来るのを待っていたそうな。

待ってもこないから、仕方なく団地の方へ歩きに行きました。

一方のファービーは、家を出たところで、こはるとは反対方向に歩きはじめました。
相変わらず、あまり歩きたがらなかったようで、「あえて行くなら、短距離コースにするビー。」

近所の一番小さな区画を、一周して帰ってきました。
かなり調子よく歩いているようだけど、これは帰り道。

11時、編集のTさんがいらっしゃいました。
久しぶりのご来訪に、ワンズは大興奮で大歓迎。
落ち着くまでは、吠えるわ、飛びつくわ。。。本当にごめんなさい。

Tさんは、歴史ものを特に扱う編集社「かみゆ」の中心人物。
『歴史群像』の「戦国の城」も受け持っています。
今日は次号の打ち合わせです。
さらに、別の本でもイラストを描くことになって、その相談もしていました。

描くアングルの相談には、グーグルアースも利用。
「グーグルアースも、立体的な地形は大雑把なんで、城に近寄って描くときは使わないけど、広い地域の鳥瞰で、見る方向を考えたりするのには便利だね。」(元)
Tさんは、たっぷり2時間近く話して帰られました。
前回の打ち合わせはリモートだったけど、やっぱり直接お話したほうが、色々良いところがあるようです。

夜には、早速「戦国の城」の地形起こしに入りました。
今回は山形の中山城。
シンプルに城を見せる構図だそうで、地形起こしも比較的楽のようです。

7/7 どう描くか想像して

今日も雲が多い1日でした。
午後には雨が降りました。
蒸し暑かったです。

散歩は、豊水橋の河川敷公園へ。
雨が多く草が濡れているので、歩くだけの散歩にしました。
ロングリードにして走ると、被毛が濡れて、後が大変だからね。
3匹連れのワンちゃんたちに会って、こはるは、穏やかにご挨拶ができました。
こはるとは、気が合う子たちだったようです。
ファービーは、関わらないように逃げていたけどね。。。
川のすぐ横の道から、少し高くなった土手へ上がって、駐車場の方へ戻りました。
今日は、ファアービーもさほど嫌がらず歩いてくれたので、こはると一緒に最後まで歩けました。

昼食後、次の迷路絵本のテーマをどうするかの話し合いをしてます。
しおりと元太郎は、編集さんに提案するための原案作りをしているのです。
テーマに沿って、各ページに何をどう描くかを想像しながら、ノートにイメージを描いてみたり、参考になる本を出してきたり。
意見を出し合って、叩き台になる案を作っています。

掲載誌のご紹介です。

講談社の学習マンガ『日本の歴史』。
先日、新聞にも全面広告が出ていましたが、全巻揃いで発売のようです。

10巻の「戦国大名」編では、巻頭カラーに、元太郎の「築城風景」イラストもお使いいただきました。
この甘崎城イラストは、原画を所蔵している「愛媛県歴史文化博物館」の名前で載っていましたが、これも元太郎の作品。

3巻では、「大仏造りの様子」もお使いいただきました。
戦国時代編の巻頭カラーをチェックした流れで、本編を読み始めた元太郎、思わず最後のページまで読んでしまったらしい。
けっこう面白いみたいですよ!

7/5 あと数日

曇り空です。
お昼頃にまた、雨が降りましたが、夕方には日差しも。。。
変わりやすいお天気です。

朝、亀のカアちゃんが餌の要求をしていたので、まずはプールの水換えを、と一旦外に出てもらいました。
ふと見ると、ワンズが揃ってカアちゃんに注目していました。
カアちゃんも、うちの家族だよ!!

散歩は元太郎とさちたろうで、阿須公園へ。
舗装した道の横は草地。。。クローバーなどの草が伸びてきて、ファービーは歩きにくいのかそこには行きたがりません。
こはるは足が長いから大丈夫だけど、それでも、足をいつもより持ち上げながら歩いてます。

こはるとファービーは、結局、別行動。
ファービーは駐車場あたりの匂いを嗅ぎながら少しだけ歩いただけで、すぐに車に戻ってしまいました。

こはるは、いつもの広場でフリスビー。
広場の両脇のグラウンドでは、野球とソフトボールをやっていて、人がたくさんいたそうな。

元太郎は、今日も新しい迷路の案を作成中。
元太郎は、日曜日でも仕事をしないといられない性質。
今週末から、また色々予定が入っているので、この案を作れるのもあと数日、と予想しているようです。

掲載誌のご紹介です。

『歴史群像8月号』出版していた「学研プラス」さんは、社名を変えて「ワン・パブリッシング」になりました。
とうとう、「学研」じゃなくなったんだね。

今回の「戦国の城」は、静岡県に城址がある馬伏塚城。「まむしづかじょう」と読むそうです。
現在ではこんな水城の面影はないようですが、戦国時代くらいまでは、日本の海岸線もかなり今より内側だったようで、「川の河口とか、ラグーンが沢山あったはず」と元太郎が言っています。