8/2 やっぱり縄張り図がいい

今日も朝から青空で、暑い!!
午前中は、昨日よりさらに暑く感じました。
午後からは曇って、雨になりました。

朝は、9時ごろ散歩に出ました。
もうすでに暑いので、外に長居せず急いで帰ります。
こはるも今日は、近くだけで帰って来ました。


夕方は、雨の合間に、阿須公園へ。
ファービーの背中のデキモノが潰れたので、エリザベスカラーを装着しました。
散歩では、そのカラーがあちこち引っかかって道端の匂いもかげない。。。すっかり気持ちが折れて、歩くのをやめてしまったそうな。
元太郎と歩くこはるは、来ないファービーが気になる様子。
でも、元太郎は「次の雨が来そうだから急いで公園を一周」と決めていて、ひたすら歩いてきたそうです。
車に戻ったところで雨が降り出し、買い物をした後、ほとんど濡れることなく帰宅。
日頃の行いが良かった?ようです。

今日の仕事は。。。

元太郎が描いている岩村城のラフスケッチ、ようやく地形起こしが終わったようです。
「今回は測量図を使ってて図の精度は高いはずなんだけど、やっぱり城の研究家が描く縄張り図から描くほうが楽だね。
測量図や赤色立体図は、現状の地形だから、当時の城の地形はどうかとか、自然地形と城の造作の違いとか、考えたり確認したりしないといけない。」

スキャンデータを取って、データ上で彩色。
ラフなので、見やすくするための簡単な塗り分けです。
明日くらいには建物も入れて、次の仕事に入れるかな?

8/1 トッピング?

今朝は久しぶりに雲のない青空です。
日差しが強く、暑くなりました。

朝の散歩は、こはると元太郎。
今日は川まで行って来たそうな。
ファービーは、相変わらず近所だけ。
ファービーと帰った後、亀の水換えや、鉢植えに水をあげて終わった頃、こはるが帰って来ました。

夕方は、智光山公園へ。
うちからは車で20分ぐらいかかるので、散歩コースとしては、一番時間をとられるのだけど、ファービーがよく歩いてくれるので、続けて来ています。
駐車場がたくさんあるから、場所によって、雰囲気も変わるし、ファービーにとっては、気が変わっていいのかも。。。
こはるは、どこへ行っても楽しそうだから、そこのところは助かってるよ。

今日の仕事は。。。

元太郎は、岩村城の地形起こしにてこずっています。
もう山全体の形はとれたようですが、今度は城の造作部分。
一つ一つの曲輪の確認に、動画などの資料も見たりして、時間がかかっています。
普通の感覚では建物が一番大事な気がしますが、「こういう鳥観図では、まず土台になる山全体を作って、次に細かい石垣や切岸を作っていくまでが大変。
岩村城は大きいから、絵の中では建物はかなり小さくなるし、最後のトッピングよ。」(元)

7/31 回復してきました

今日は、雲はあるけど、晴れて、暑くなりました。

元太郎は、坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)の痛みが引いたので、こはるを連れて散歩に出ました。
近所ではありますが、少し足を伸ばして神社のほうまで行って来た様子。
神経痛も大丈夫だったようで、ホッとしています。
ファービーはさちたろうと、3分程度?で帰って来ました、
こはるより後に出て、先に帰宅です。

夕方も、元太郎がしおりと、散歩へ行ってくれました。
今日も智光山公園へ。
車を止めたのは、いつもと違うところだったようです。

広場でロングリードにしてフリスビー。
ファービーは見学。

帰り道は、まだ日差しがあって暑そう。。。
元太郎は、今日1日、普段通り生活して、痛みがなかったようなので、坐骨神経痛もピークを過ぎて、回復してきたかも。。。と、安堵してます。
このまま治るといいね。

今日の仕事は。。。

元太郎は、今日も岩村城のラフスケッチを描いています。
地図の等高線を立体化する作業が終わり、今度は縄張り図や赤色立体図を見ながら、石垣や切岸などの形を描きこむ作業。
これもなかなか手間がかかりそうです。

掲載誌のご紹介です。

PHP研究所『歴史街道9月号』です。
熊本県立美術館で開催の「香川元太郎 迷路絵本展」の案内を載せていただきました。
ありがとうございます!

送っていただきました。

若狭国吉城歴史資料館から、ポスターとチラシ、それにうちわが届きました。
国吉城うちわで扇いだら、夏も涼しく過ごせる?
元太郎のイラストをお使いいただき、ありがとうございます。
「難攻不落」がキャッチコピーの国吉城、お尋ねの機会がある方は、どうぞGetしてください。

7/30 いつもの地形起こし

雲が多い、今日も不安定なお天気でした。
どこかでゴロゴロいってる感じです。

朝の散歩は、今日も近所。
こはるは、ミンミンゼミの死骸に興味津々で、ずっと引っ張っているので、さちたろうが拾って鼻先に持っていきました。
充分匂いを嗅いだら、納得してくれて、やっと歩いてくれました。
ファービーは用を足したあと、近所を小さく回ってきたようです。
「朝のファービーの散歩はすぐ終わっちゃうね。」(元)

夕方は、智光山公園へ。
移動中に、空が暗くなってきて、車から降りたら、遠くだけど、ゴロゴロいっているから、短めのコースを選んで、駐車場に戻りました。
車に着いたところで雨が降り出し、乗ったら音を立てて降ってきた。
判断が良かったね!!

今日の仕事は。。。

元太郎は、今日からお城の仕事。
もう、取り掛かれるものがいくつかあるのですが、まず一番先に打ち合わせが済んでいる岩村城からだそうです。
大規模な山城で、地形起こしが重要。
地形図の等高線を10メートルごとに色分けしています。

次に、それを斜めから見たパースに描き写していきます。
等高線の高さに応じて、パースの紙をずらしていくのは、いつもの元太郎のやり方。
同角度からの赤色立体図もあるのですが、「城の後ろの山とか、データがない所もあるし、もう少し低い位置から見たい。やっぱり地形はいつものやり方で起こす。」(元)

しおりの部屋の模様替えがほぼ終わりました。
あとは、使い勝手を見ながら微調整です。
ちょうど今日ご依頼があって、画像データを大量にお送りすることになり、部屋のことは一旦中断してパソコンに向かってます。
作業をしてみると、パソコンの高さが目線より低くて、高さ調整が必要だと感じたそうな。

『忍者の迷路』ポケット版

ポケット版『忍者の迷路』の見本が送られて来ました。
このシリーズは迷路絵本シリーズの縮小版。
本が小さい分、大きいかくしえは見えやすいかも。
右の場面にも、大きいカブトムシのかくしえがあります!
持ち歩き易く、価格も安いポケット版、よろしければどうぞ。

7/22 もう次の案

今日も朝から青い空。
起きた時から、すでに暑くなってます。

今日も朝は近所を歩く散歩。
こはるは嬉しそうだけど、ファービーは迷惑そう。。。「行きたくないビー・・・」

夕方はしおりとさちたろうで、智光山公園へ。
励ましながら歩いたら、ファービーも、こはるとほぼ同じペースで歩いてくれました。

一緒に歩くと、同じところの匂いに引っかかる。。。。
広場に到着し、ロングリードを用意すると、こはるがスタンバイ。

こはるはフリスビー。
ファービーもボール遊びをしました。
気温が高いから、すぐに息切れしちゃったけど、2匹とも楽しそうに遊びました。

今日の仕事は。。。

元太郎は、賤機山城のラフスケッチから。
ひととおり出来て、編集さんに画像をお送りしました。
最近のラフは色を付けていますが、あくまで分かりやすくするための色分けです。
緑の山になっていますが、本画では秋の景色になるそうです。

午後からは、次の迷路絵本のラフスケッチ。
『無人島の迷路』もまだ発売されないのに、もう次の企画案を作ることになったそうで、以前から形を探っていたものを再開しました。
でも、このところの懸案、坐骨神経痛のせいで、長時間の座りが辛そう。
椅子やクッション、足置き台など、色々変えて楽な姿勢を探しています。
来週にMRIの予約もしてあるので、何か具体的な治療ができるようにならないかな。

7/21 準備終了

暑い日が続きます。
朝から、エアコン、フル稼働です。

朝の散歩も、用さえ済めばすぐ「帰ろう」と主張するファービー。
こはるより後に出たのに、こはるが帰ってきたのは、ファービーを家に置いて、庭の手入れを始めてからでした。

夕方は、5時過ぎに家を出て、智光山公園へ行きました。
今日は元太郎としおり。
智光山なら、ファービーが歩くからとチョイス。
実際、励まされながら、広場まで歩いたようです。

こはるは暑くても、走るのは好きだから、フリスビーをやって、ストレス発散してきました。
「今日はスピードにのった大ジャンプが素晴らしかった。」(元)
でもその際、元太郎の坐骨神経痛にひびいたようで、帰りは痛くなっちゃったんだそうな。。。動いた方がいいらしいけど、痛くなっちゃうんじゃね。。。しばらく散歩はやめときますか?
「ちょっとした加減で痛さが変わるんだよ。まあ、また行くつもり。」(元)

今日の仕事は。。。

元太郎は、賤機山城の続き。
地形起こしが終わり、これからデータ上で建物などを描きます。
まだラフスケッチの地形ですが、戦国の山城はこの段階が一番の要点。

しおりとさちたろうは、昨日、紙を袋張りしたパネルに、布を貼りました。
ドウサ液を塗って乾けば、日本画を描く準備終了です。

掲載誌のご紹介です。

長野県塩尻市の図書館が企画する「本の寺子屋」の本が届きました。
様々な方が「本」「図書館」などについて、エッセイを寄稿されています。
元太郎も、2年前に講演をさせていただいたご縁で、掲載していただきました。

もう1冊届いたのは、歴史小説家の伊東潤さんの著書、『歴史作家の城めぐり』。
以前、伊東さんが文章を書き、元太郎と板垣さんがイラストを担当した連載があったのですが、それをまとめた本が3年前にプレジデント社から出版されました(左の上)。
今回はその増補改訂版、幻冬舎新書(左の下)。
ページ数がだいぶ増えて、プレジデント社版ではカットされていた城も全部収録。
さらに山中城は伊東潤さんが新たに書下ろす(元太郎のイラストは既存のKAGAWA GALLERYの818番です)など、文字通り増補版だそうです。

7/20 元太郎の尼崎報告

今日も空は青空、暑くなりました。
午後は少し雲が出てきたので、昨日よりはちょっと楽だったかも。。。

7時半頃、元太郎が尼崎に向かい出発しました。
家を出た後、忘れ物をして帰ってくるのがお約束。
もう忘れ物はないかな?

9時頃になって、犬達を順番に外へ出します。
もう少し早く出せればいいんだけどね。
この時間すでに暑くなってるので、ファービーなんて、歩きたくもなさそう。。。

午後はトリミングの予約をしていたので、美容院へ。
今日は、店内、混み合っていました。
1時に預けて、お迎えは4時半頃。
扉を開けたら、こはるが飛び出してきました。

帰りにグラウンドに寄って、気分転換。。。と思ったけど、ここでもファービーは歩く気なしでした。
でも、2匹とも、すっきり綺麗になりました。

元太郎の尼崎報告

今日は、尼崎城を描く仕事で打ち合わせ。尼崎へ向かいました。
阪神線の尼崎駅から天守が見えます。
平成の復興天守は、江戸時代の天守の場所とは少しだけ違う所に建てられたのですが、形は江戸時代の天守を復元するよう考証されたそうです。

駅で、ご担当のOさん、他の皆様とお会いした後、城の復元ジオラマがある「あましん会館」へ。

ジオラマ模型を見学したあとは、「忍たま乱太郎」の原作者、尼子騒兵衛さんの忍者道具コレクションも見学。
尼子さん、尼崎の出身、尼崎の子という事で尼子とペンネームをつけたそうです。

次はいよいよ尼崎城を訪問。

さらに、尼崎市の歴史博物館へ伺うと、ここにも模型(今度は本丸だけ)が。
沢山の絵図等を見学しましたが、最後は観光局の方々も集まって、描く範囲など内容をご相談してきました。

帰路の新幹線で日没。
日帰りだし、コロナ対策で会食を控えるのもあるし、車内も空いてるので、お昼も夕食も新幹線でお弁当。
車内販売のコーヒー買って少し贅沢しました。