12/5 やっぱり本番は手描き

連日の快晴です。
朝は超寒かったけど、日差しのおかげで、日中は暖かでした。

朝の散歩は、今日も一緒に帰宅。
日曜日で、みんなで寝坊して、進行が遅めだったので、この後大忙しでした。

夕方は、黒須運動公園へ行きました。
こはるがずっと興奮気味で、連れている元太郎、途中交代したしおりも大変だったようです。
もうちょっと引っ張らずに「付いて」ができると良いのにね。
意識してる時はできるんだけど、そうじゃない時に自由にさせ過ぎなのかも。

今日の仕事。。。

しおりは、台湾版『無人島の迷路』のかくし文字作り。
一度データでラフ案を作りましたが「元の絵が手描きだから、やっぱり手描きでないと違和感があるでしょ」と、本番は紙に絵の具で描いています。
夜には、それをスキャンして、データ上で元の絵に合成する作業に入りました。
日曜日で休みのはずだけど、締め切りがあるので、返上でやっています。

元太郎は、高槻城の色塗りを進めています。
夕方、下のほうから建物や木の影を入れ始めました。
「鳥瞰図で影入れは重要よ。
影の入れ方で立体感も、遠景と近景の差も出せる。」(元)

人影も入って、夜には仕上げに入った様子。
建物の窓など、細かい部分を描いています。

12/3 余裕のない年末になりそう

今日も晴れ。
日差しがあるのに、寒い。
まだまだこんなもんじゃなく寒くなるんだろうけど、体が慣寒さにれていないからね。
コロナもだけど、風邪やらインフルエンザにも気をつけないと。。。

今日は時系列で。。。
午前中、元太郎は、「日本の歴史迷路」の微修正をしました。
パソコンでデータを処理中に、画像ソフトが急に落ちてしまって、午前中の作業がパーになったかと焦っていましたが、何とか救出できたようで安心しました。
こまめな保存が大事!!

その頃しおりは、台湾版『無人島の迷路』のかくし絵の気になった部分を修正中。
午後からは、今度はかくし文字の制作に入りました。

しおりが作ったかくし文字の案を元太郎がチェックしてます。
「このままPhotoshopで整えていっても良いんじゃない?」(元)
「いや、これはラフだから。本番は改めて描かないと。」(し)
丁寧に作っています。

夕方の散歩は阿須公園。
久しぶりに、子どもの頃に遊んでもらった、先輩ワンちゃんたちに会いました。
久しぶりでこはるは大喜びで大興奮。さらにたくさん撫でてもらって大満足でした。
ファービーは、ワンちゃんがたくさんいて、気後れ?して、しおりの陰に逃げ隠れていました。
その後、広場でフリスビーやボール遊びをして、日が暮れた頃帰宅しました。

元太郎は、夕方からは、高槻城の色塗りに入りました。
まずはマスキングして、水の色をエアブラシで吹いてます。

乾いたところで、マスキングを剥がし、田んぼの色から塗り始めました。
週末は高槻城の本画を仕上げる予定ですが、各地方の自治体関係のお仕事、次々とラフの戻し、本画のゴーサインが出てきています。
「12月はイベントもあるし、余裕のない年末になりそう」だそうです。

12/2 久しぶりの原画

快晴です。
最高気温13度。
着るものや体調で感じ方も違うけど、さちたろうは暖かだったと思い、しおりは寒かったそうな。

朝の散歩は別々で出て、遠くにいかないファービーが、こはるを待ってます。
しばらく待って、こはるが戻ってきたところで合流。
今日も一緒に家へ帰りました。

夕方は、出掛けに来客があって、出遅れたので、歩いて近所を散歩しました。
車で行きたいファービーが、家の前でゴネて、結局抱っこで出発。

川の脇の遊歩道を歩き、久しぶりにアミーゴまで行きました。
分かれ道で、何度かファービーが近道に行こうと主張したけど、却下!!
渋々だけど、最後まで歩きました。頑張ったね!!

今日の仕事。。。

しおりは、台湾版『無人島の迷路』のかくし絵をパソコン上で合成してみました。
元太郎に見てもらい、気になるところを修正する予定です。
「結構よくできてると思うよ。ちょっと手を入れればOKじゃないかな?」(元)

元太郎は、午後、府中の日本画サークル「たちばな会」の講師の仕事で出かけました。
段々高齢化して、少しずつ人数が少なくなっているのですが、それは、そういうものと考えて、それぞれのペースで楽しんでくださっているようです。

家での元太郎の仕事は、今日も城イラスト。
一昨日、終わらなかった高槻城の線画、ひととおり完成して、定着液を吹き付けました。
この後は、いよいよ絵の具で着色です。

今日は、久しぶりの原画が戻ってきました。
文溪堂さんが作っている、小学校6年生用の「社会科資料集」冒頭に載っている「日本の歴史迷路」です。
歴史を迷路でたどり、その時代のキーになるもののかくしえを見つける学習遊び。
もう10年以上、お使いいただいているのですが、現代が「令和」になったので、ちょっと微修正を入れるため、原画をお送りいただきました。
久しぶりに見ると、けっこう壮観!

12/1 かくし絵作りデータ処理

朝は雨が降っていたけど、明るくなる頃には弱まり、だんだん晴れてきました。
今日はとっても暖かでした。

元太郎は、暗いうちに、松山へ出発。
今日は、入院中の義母の今後について相談しに行きました。

朝の散歩の時には雨は止み、日差しも出てきました。

夕方の散歩は、あけぼの子どもの森公園へ。
まだまだ紅葉が綺麗。
今日はしおりと綺麗な写真を撮ることを競って楽しみました。

今日の仕事。。。

しおりは、今日も台湾版『無人島の迷路』のかくし絵作りです。
元の絵を同じサイズで印刷したものに、紙を重ねてかくし絵のあたりをとりながら進めています。

ひとまず、増やす予定の5つ分の絵ができたので、これから合成作業です。
合成しながら、必要なところは加筆したり、データ上で修正したりする予定。
うまく出来るといいけど・・・。

11/25 今日もラフ修正

今日も朝からよく晴れました。
せっかくの洗濯日和なのに、洗濯機が壊れて洗濯できない。。。
そこで、今日は、コインランドリーに行きました。
学生の頃以来、何十年ぶり。。。
スタッフがいて、畳んでくれるサービスもありました。
明日も行っちゃおうかな。。。

朝の散歩はたいして歩いてないのに盛りだくさん。。。

夕方は阿須公園へ。
ファービーは広場近くまでは歩いた!!
こはるは、フリスビーで、ここのところ走ってない分のストレスを発散。

今日の仕事。。。

今日の元太郎は、ラフ修正です。
まずは、恵那市のお仕事、正家廃寺のラフ。
仏教建築に詳しい先生にも監修を頂いているそうで、丁寧なご指導があり、建物のフォルムや細部などを直しています。

続いて、これも恵那市の岩村城。
前回のラフ修正は何日もかかったのですが、流石に今回はだいぶ修正点が少ないようで、これも今日のうちには終わりそう。
でも、何度かラフ修正のやり取りが終わったら、今度は本画を描かないといけません。
気付けば師走もすぐそこ。
こういう時こそ、目の前の仕事を一つ一つ片づけていかないと!

11/21 今度は原画修正

雲が増えてきて、天気は少しずつ下り坂の予報です。
夕方から雨になり、明日も残りそう。。。寒くなるかな?

外が暗くなってきたので、夕方の散歩は、いつもより早めに出ました。
少し雨も降ったそうな。
広瀬河川敷公園のサッカー場の脇の方で、こはるはフリスビーをして遊びました。
帰ってきた時、足の裏が泥で真っ黒だった。
ファービーは、スロースタートで別行動だったけど、「こはるが帰ってくるのを待ってる!!」と道の途中で待ち体制。
こはるが戻ってきたら、飛び上がって喜んだそうな。

今日の仕事。。。

元太郎は、二本松城は模式図3枚を描き終えて、担当さんに送信しました。
でも、まだラフスケッチです。
今回は仕上がりも「模式図」ですが、ともかく色々来ていたラフ修正が一段落しました。

次に始めたのは、本画の修正。
3年前に描いた本佐倉城イラストですが、先日、史跡がある酒々井町の文化財担当の方に、最新情報を教えていただいて、色々修正すべき点が出てきたようです。
基本的に、復元イラストは監修者もいることが多いですし、後から調査研究が進んで内容に食い違いが出ても、修正しないで「その制作当時の考証です」と扱うことが多いのですが・・・。

どうしても必要な時は、原画を修正することもあります。
このイラストは、来年1月に元太郎が案内する見学会の資料で、メインに使う想定。
自分の考証のイラストですし、説明内容と食い違うのが嫌で修正したんだそうです。
イラスト修正は1時間ちょっとで終わらせましたが、その後、見学会資料の文章を修正する方が手こずっていました。

11/20 デジタルの利点

今朝は雲がない晴天です。
日中はとても暖かでした。

先に散歩に出たこはる。
塀越しにのぞいたら、「あ、ファービーだ!!」
と、追いかけ、合流して一緒に帰りました。
ファービーにあまり感動はなかったけどね。。。

夕方は、しおリと元太郎が行ってくれました。
しおりは、夕方から用事があるので、時間制限があり、神社の脇の階段を降り、川の脇の遊歩道を歩く散歩にしました。
家を出たところでは、とっても行きたくなさそうなファービーでしたが、しばらくしてからは、いいペースで歩いてくれました。
こはるにとっては物足りなかったかも。。。明日も日曜日だし、来週は元太郎たちが出張の予定もあるので、走って遊ぶのはしばらく先になっちゃうかも。。。

今日の仕事。。。

連日ラフスケッチの元太郎、昨日から二本松城の模式イラストのラフ修正で、ずっとペンタブレットに向かっています。
以前、手描きだけでやってた時は、ラフ修正は修正液か、紙を張るかでしたが、デジタルなら修正は少し楽。
「そもそも以前は、こんなにラフ修正しなかった!
発注する側の要求が高くなって、こっちも対応するから、復元イラスト全体がレベルアップしてるんだろうけど、どんどん手間がかかるようになってるね。」(元)

二本松城は模式図だけど、時代を変えて3枚描くので、それなりの手間。
でも同じ角度からなので、共通点はコピペも利用できるのがデジタルの利点。
「本画は手描きにするけどね。修正はデジタルのほうが楽だけど、描くこと自体は手描きのほうが楽よ!」(元)