8/4 島根・鳥取取材報告

今日も朝からいいお天気です。
毎日晴れていると、だんだん空気があったまって、夜にも気温が下がらなくなるから、朝から暑くなってくる。。。梅雨が明けた頃より、起きた時にもう暑い感じ。
それでも、まだ、猛暑にはなってない。

トリミングの予約が午前中なので、行く前に、少しだけ散歩しようと、中橋近くのグラウンドへ。

こはるは、草の匂いを嗅いだり、楽しそうに歩いてますが、ファービーは。。。
もう、トリミングって察しちゃったかな?

美容院到着。
こはるはすぐに連行されてしまいましたが、後に続いたファービーは店の隅に逃げ込んでます。
すぐに捕まってましたが。。。がんばれ〜〜〜!!

お昼過ぎに、終わった連絡をいただいたので、迎えに行きました。
出てきたら飛び出してきて、逃げる様に車へ。
何度行っても、やっぱり苦手の様です。

車に乗って、やっと落ち着いたファービー。
顔がホッとしてる。。。

元太郎の取材報告

元太郎が取材の報告をLINEで送ってくれました。
ここからは元太郎の取材報告です。

8/2 月山富田城

今日は取材と打ち合わせで、島根県の安来市へ。羽田から米子空港に向かいました。
飛行機はガラガラ。
今月から、航空ダイヤも通常に戻っているのですが、そこにコロナ第二波の状況がブレーキをかけた感じですね。
上から見たスカイツリーと、富士山

そして、今回の目的地、月山富田城へ。
今年度中に、復元イラストを作成予定です。
まず打ち合わせと、資料館の見学を終わらせて、いよいよ城址見学。まずは山の中腹に広がる曲輪群へ。
このあたりは、堀尾氏時代にかなり手が入っていて、石垣が多用されていたようです。

そして、七曲りと呼ばれる登り道を歩いて、山頂部の曲輪へ。
さすがに汗が吹き出してきました。
主要な曲輪群を見学して下山し、最後は山麓の遺構を確認して取材終了!

8/3 米子城

今日は、米子市のHさんに米子城をご案内いただきました。
月山富田城の取材ついでに寄りたいとご連絡したら、がっつりご案内くださいました。
まずは、現在発掘中の現場へ。
米子城の山麓、三の丸の堀は今は残っていません。
絵図から、大体の場所は分かっていたのですが、この発掘で確定できたそうです。

続いて二の丸へ。(写真左)
この頃、江戸時代の城も創建時の様子がよくわからない、という事をいくつかの仕事で実感していますが、米子城では創建からしばらくの間、城主が次々替わっているので、「この石垣がいつの時代か」の判断がいつも難しいそうです。

最近、発見された「登り石垣」。(写真右)
先日の土曜スタジオパークでも、春風亭昇太師匠が、これを米子城の見どころに挙げていました。

山頂の本丸、さらに城の裏手の曲輪群へもご案内いただきました。(写真左)

埋蔵文化財センターで昼食、休憩後、戦国時代の土の城跡、尾高城址へ。(写真右)
空堀がすごい城です。

幕末期の台場までご案内いただきました。
Hさん、暑い中、ありがとうございました!(元)

8/3 再び取材へ出発

今日も、晴れ。
梅雨でたくさん雨が降ったから、まだ地面が濡れてます。
ところにより雷雨の予報だけど、うちのあたりは大丈夫でした。

元太郎は、朝の6時半前に、島根、鳥取の取材のため出かけました。
今日は、、月山富田城の取材だそうな。
1泊して明日、米子城の取材をして帰ってくる予定です。
気をつけて。。。

散歩はしおりと智光山公園へ。
4日連続です。
広いから、昨日とまた別ルート。
ファービーも、智光山は、まだ飽きてないみたい。

こはるが茂みの向こうに何か発見?
そちらに集中し、ガンガン茂みを潜って追跡中。
どうやら鳥らしい。。。こはるに捕まる鳥はいないよ!!
その後は林の中を散策。

いつもより長めに歩いたら、さちたろうが疲れてしまって、ベンチで休憩してます。
待っている間のファービーをパチリ。いいお顔で撮れました。

久しぶりに木道を通って、その後、駐車場に向かいます。
少し早く出たから、歩きはじめは涼しかったけど、流石に帰る頃には日差しが強くなってきた。

長い散歩と暑さで水分不足。
自販機でスポーツドリンクを購入して飲みました。
買っている間、こんなに見てたのね(^^)

夕方、お米を研いだりカーテンを閉めたりしていると、遊んで欲しそうにファービーがアピールしてきます。
それに負けて遊び始めると、こはるも飛んできて、2匹の相手をすることに。
ほんの5分ほどだけど、最近の習慣です。

8/2 取材ウィークの中休み

ちょっと雲が多かったけど、晴れました。
まだ猛暑というほどではないので、耐えられるけどね。

今日も智光山公園。3日連続です。
梅雨が長かったから、舗装の道まで苔が生えて緑色。。。

久しぶりに広場で、こはるをロングリードにしたけど、2・3回ボールをキャッチしただけで、あまりにやる気がないので、それで終了。
暑そうだから、ここで給水し、また散歩再開。

ひょうたん池の横ですが、普段よく歩く所とは反対側の岸を歩いてます。
1回ぐらいしか来たことがないところだから、ファービーの冒険心に火がついた!!

ひょうたん池の次は、九頭竜池に。
九頭竜大権現の石碑を眺め、駐車場へ。
明日も晴れたら、またここに来るかも。。。。

元太郎は先週の水曜日から、お城取材の外出続きで、明日からまた取材と打ち合わせで、山陰に1泊旅行です。
ちょうど1週間の取材ウイークですが、今日は中休み。
ここ数日の取材写真を整理したり、明日の準備をしたりで夕方になりました。
ちょっと空いた時間に、新しい迷路のラフスケッチ。
色々アイディアを書き溜めてから、編集さんに見せるつもりらしく、旅行などの移動時間にも色々書いているようです。

8/1 玉縄歴史館オープン

晴れました!!
そして関東も梅雨明けしました。
これから日に日に暑くなるのかな・・・。

散歩は今日も智光山公園。
日差しを考えると、木陰が多いからここがベストだね。
到着早々、用を足して、さあ歩くぞ!!

昨夜雨が降った様で、地面がかなり濡れていました。
土のところがぬかるんで、スニーカーが泥だらけになってしまった。。。
暑くなりそうだったから、いつもより大分早く出かけて、30分ぐらい歩いて帰りました。

元太郎は、今日は鎌倉へ。
大船駅から西へ1㎞ちょっとにあるお寺、龍宝寺。
江戸時代に建てられたという山門は、みごとな茅葺です。

お寺の敷地の一角にある、玉縄ふるさと館。
改装が施されたそうで、「玉縄歴史館」として新たにオープン。
今日はその開館だったそうです。

館の名前にもなっていますが、ここはかつて北条氏の中心城郭の一つだった玉縄城跡のすぐそば、玉縄城の範囲を広めに解釈すれば、城内ともいえる場所。
城址の整備などをしている、市民団体の拠点だそうです。
中心になるギャラリーもリニューアルし、そのオープニング展に、元太郎の城イラストを20点ほど展示していただきました。

原画ではなくプリントですが、このA1の大きさに。
よく見ると、絵を分割してA3に印刷したものを、4枚繋いでひとつにしてあります。
額装も含めて、そういった展示も全部、その市民団体「玉縄城址まちづくり会議」の方々の手作りです。
元太郎によると、おそらく、当分の間、展示されているそうです。

オープンセレモニーでは、市長がご挨拶されていました。
市民団体とはいえ、過去の講演者を見ると、今年の大河ドラマでも考証を務めている小和田哲男先生とか、歴史小説家として大活躍の伊東潤さんとか、メンバーがすごい。
非常に活発な活動をなさっているようです。

セレモニー終了後は、玉縄城址を訪ねました。
本丸跡は清泉女学院ですし、その周りの城址も大半は住宅地ですが、それでも起伏のある斜面には、当時の遺構が残っています。

この堀切も当時の遺構。
長らく玉縄城の調査、研究をしてきた大竹さんが案内してくださいました。
大竹さんも、元太郎が所属する「城郭史学会」のメンバーですし、日本画家でもあるので、長いお付き合いの方。
午後は、元太郎と二人でトークイベントだったそうです。
お疲れさまでした!

掲載紙のご紹介

ANA機内誌『翼の王国』8月号です。
コロナ対策のため、座席ポケットには入っていませんが、乗務員の方に声をかければいただけます。
今も変わらず毎月新しくなっていますので、もし搭乗の機会があれば、どうぞ一声かけてゲットしてみて下さい。

今回の「くらべる迷路」は、『物語の迷路』から、「銀河鉄道の夜」。
正方形イラストにするため、多少迷路のコースを作り変えていただきました。
そして、4つの間違い探しは、この連載中でも一番難易度が高いそうです。

7/31 元太郎帰宅

昨夜降った雨が明け方止んで、今日も曇り。
午後には日も差してきました。
いよいよ梅雨明けのようですよ。

散歩は今日も智光山公園。
明るくなってきたし、気温も上がってきたから、日焼け対策と暑さ対策で怪しい人になっています。

地面が濡れているからロングリードはいらないかなと車に置いてきちゃったけど、広場は案外濡れていなかったから、持ってくればよかった。
何か強い匂いがあったのか、地面をゴロゴロするこはる。。。。やめて!!

智光山は広場やバラ園、花壇、樹木園、さらに林や木道といろんなところがあって、散歩するには変化があって楽しい。
昨日に引き続きの智光山公園ですが、昨日と違うところを歩いたから、ワンズも人も楽しく歩けました。

ここからは元太郎の報告です。

昨日は4つの城を見学し、普段デスクワークの体には、ちょっとこたえたかも。
コロナ対策で、会食は控えることになり、ひとりご飯。
ホテルに入ったら、そのまま寝てしまいました。
でも朝は復活。
飛騨古川の周辺をちょっと散歩すると、結構味のある街並みが見られます。

ご存知のように下呂などでは川の氾濫被害があり、教育委員会の方々も、被害の対応にお忙しい中での打ち合わせでした。
帰りの鉄道車内から見ると、川の水はだいぶ引いてはいましたが、流木などがずいぶんありましたね。
沢山お城見学したので、記憶が混乱しないうちに写真をまとめないと・・・。

午後、2時頃元太郎が帰宅しました。
かなりお疲れの様子でしたが、明日は鎌倉でトークショー(コロナ対策で少人数制ですが)があるので、その準備もしています。

7/30 散歩と元太郎の取材報告

きょうは曇り。
雨は降らず、少し青空ものぞいてました。

散歩は智光山公園。
カラスを追いかけるこはると走る!!

久しぶりの智光山なので、ゆっくり歩く散歩です。
歩き始めはちょっとゴネてたけど、その後は軽快に歩くファービー。

30分ぐらい歩いて帰宅。
こはるには、ちょっと物足りなかったかな。

元太郎の取材報告

29日 恵那の取材報告

元太郎、恵那市に来ました。
まずは、大河ドラマ館の山城展示を拝見。

続いて、恵那市で描く三つの城の一つ、落合砦に。
ここは見晴らしの良い展望台的なところで、明智光秀の伝承もある場所。
今日は、天気も心配でしたが、結果的には雨もなく、日差しもない絶好のコンディション。5人もの方々がご同行下さいました。

いよいよ、今回メインで描く明智城へ。
ここはすごく保存も良く、空堀も土塁もメリハリがあるお城でした。
山城ファンにおすすめです。

続いて訪れたのは、仲深山砦。
ここは整備が入っていないので、藪を分けて斜面を移動する感じ。
こういうのも久しぶりです。

最後は、今回のお仕事では描かないのですが、古代の寺の跡へ。
先程のハードな山城の後では、まるで公園のように見えて、ほっとしました。
塔の心柱の礎石です。

アングルや描く内容打ち合わせの後、次の取材地の下呂市まで送っていただきました。
恵那市の方々、大変お世話になりました。

30日 下呂・飛騨の取材報告

今日は、下呂市の萩原諏訪城へ。
現在見られる石垣は、後世に積まれたものが大半みたいですが、戦国後期にも総石垣の城だったと考えられています。

続いて、桜洞城跡へ。
大半は農地ですが、発掘調査で、大きい空堀が確認されています。
一部現存している堀。
石も散乱いて、ちょっとした石積みはあったかも。

二つの城を見学した後は、飛騨市に移動して、さらに2つの城を見学しました。
まず野口城へ。
けっこうな山歩きです。

そして小鷹利城へ。
今回飛騨市で訪れた2つの城は、どちらも山城ながら、意外に山の上に立派な屋敷があったらしいようです。
今日は4つの城を見学して予定終了。
どれも、これから秋にかけてイラスト制作予定です。

   

結果的にお天気にも恵まれ、充実した取材になった様でよかったです。
お世話になった皆様、ありがとうございました。
元太郎はもう1泊して、明日帰宅予定です。

7/29 元太郎、岐阜の取材へ

今日も、朝からずっと雨です。
細かい雨で、雨脚のわりにはやけ濡れる雨でした。

元太郎は朝、8時過ぎに恵那に向かって出発。
今日から明後日にかけ、恵那、下呂、飛騨と岐阜の城跡の取材のため出かけました。
ずっと天気を気にしてたけど、結局、梅雨明けも遅れ気味で、暑くはないけど、濡れながらの取材は覚悟しないといけないね。
気をつけて、行ってらっしゃい!!

朝のうちに、散歩へ。
傘をさしながら、近所を歩く散歩です。

外に出れて嬉しいワンズ、いつも雨を嫌がるのに、ちょっとテンション上がってます。
ここのところずっと雨で、あまり遊んでないもんね。

こはるがちょっと便秘気味で、なかなか出ないから、予想より時間がかかってしまいました。
ファービーは、最後まで付き合ってくれた。

細かい雨が被毛に滲みて、ビッショリ。。。
ちょっと情けない顔してる?
この後も、一日中雨が降りました。