特別展「香川元太郎 迷路絵本展 ―歴史考証をもとに―」

会期:令和4年3月19日(土)~ 令和4年5月22日(日)
会場:奈良県立万葉文化館 日本画展示室
主催:奈良県立万葉文化館
企画協力:青幻舎プロモーション
観覧料:一般 800円(640円)、大学・高校生 500円(400円)、小・中学生 無料
 ※( )内は20名以上の団体割引。
  その他割引はお問い合わせ。

香川元太郎・志織によるギャラリートーク

日  時 令和4年3月19日(土) 午後1時30分~ (45分程度)
場  所 奈良県立万葉文化館 日本画展示室
講  師 香川元太郎、香川志織
※終了後、当館ミュージアムショップにて書籍をご購入の方にサイン会を開催します。

香川元太郎・志織による講演会&ギャラリートーク

日  時 令和4年3月27日(日) 午後1時30分~午後3時
場  所 奈良県立万葉文化館 企画展示室(講演会) 日本画展示室(ギャラリートーク)
講  師 香川元太郎、香川志織
定  員 100名 (応募者多数の場合抽選)
申込方法 万葉文化館ホームページの講演会申込フォームから、郵便番号・住所・氏名・電話番号・メールアドレスを明記の上、3月7日(月)午後5時までにお申し込みください。

詳しくは 奈良県立万葉文化館 WEBページにてご確認ください。

全201点におよぶ迷路やお城の原画が大集結。
お城や寺院などの原画では東大寺や法隆寺、信貴山城、高松塚古墳など奈良にゆかりの作品も展示します。
なお、展示会場内にはクイズを楽しみながら遊べる巨大立体迷路が登場。
コロナの感染が治まっていることを祈って。。。
お近くにお住まいのの皆さん、遊びにいらしてください。

城から見た関ヶ原合戦

関ケ原古戦場記念館2階の戦国体験コーナーで、1月12日から3月13日まで「城から見た関ヶ原合戦」展が開催されます。

元太郎が以前にもコラボしたことがある岐部さんの模型と、元太郎のイラスト(複製パネル)が展示されます。

元太郎のイラストは20点。どれも過去5年以内の作品で、岐阜県内の各自治体が原画をお持ちのイラストばかり。『戦国の城』にも収録しておらず、まだ広く公開されていない作品もあります。
機会がある方はどうぞご覧ください!

お城EXPO2021

元太郎は、今年も「お城EXPO」でワークショップ「お城を描こう」を行います。
上記リンクページの、「ワークショップ&セミナー」の写真が、昨年の「お城を描こう」の様子です。
18日の13時からですが、当日の午前9時から整理券が配布されます。
例年満席になるそうです。当日お早めにどうぞ!

時の迷路と瓦の歴史展 始まりました!!

弥生時代から未来まで“時”をテーマとした作品から、歴史と瓦の変遷を楽しく学ぶ体験型の展覧会。
『時の迷路』などの作品と、瓦の現物を絡めて展示するそうです。

11月23日 
講演会「香川元太郎・香川志織による 迷路とお城の講演会」開催

展示中の作品のスライドやクイズを交えて、歴史をテーマとした迷路原画作品やお城について学ぶ講演会です。
ぶっちゃけ、迷路あそび会に瓦の話をプラスする感じだそうです。

近隣の皆様、宜しくお願いいたします。

詳細はかわら美術館WEBページにてご確認ください。

ワイド&パノラマ 戦国の城

『ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 戦国の城』8月26日発売です!

前作『ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城』から3年で、続編が登場。「大半が折り込みページで、ノドを気にせずそのままイラストが見られる」というコンセプトはそのままですが、掲載作品は全て異なっています。

歴史群像誌に描いた新作はもちろん網羅。
加えて今回は地方自治体のご依頼で描いた城も数多く掲載。
なかなか全国誌に載ることがなく、その地方でしか目にすることのないイラストが一堂に見られる機会は、たぶん最初で最後!
ディープな戦国の山城率高めの1冊です。

香川元太郎迷路絵本展

7月17日(土)〜9月4日(土)

熊本県立美術館にて開催予定!

テレビ熊本のCMです。

迷路絵本原画151点、お城&歴史イラスト48点を出品。これまでで最も出品数の多い原画展です。
謎解き立体迷路も登場!!釧路や芦屋の展覧会でも好評でした。
さらに、地元美術系学生の方が作った巨大迷路も展示されるそうで、すごく面白そう!

迷路絵本好きの方はもちろん、お城ファンにも楽しんでいただけると思います。
元太郎としおりも7月17日にトークイベントを予定しています。お近くの皆様、どうぞご期待ください!

コロナの状況によって、予定変更の可能性もあります。
詳しくは、熊本県立美術館のページでご確認下さい。

城イラスト集の発売決定です。

ワン・パブリッシングから「ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 戦国の城」が発売決定!
3年前に出た『ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城』の第2弾。以前から制作の話は時々ブログでご紹介していましたが、最新作の中城グスクも収録予定です。
発売はまだ2か月以上先ですが、アマゾンでの告知が始まりました。
どうぞご期待ください!

香川元太郎 城イラスト展

6月24日から27日までの4日間、城イラストの原画展が開催されます。
およそ30点の原画を出品します。
26日にはトークショーも開催。元太郎の城イラスト制作の様子を、実際に使っている道具類などもお見せしながらご紹介する予定です。

「しろうた」さんに企画していただきました!お問い合わせは
TEL:090-6000-3908
MAIL:shiro.uta2020@gmail.com

※新型コロナウイルスの感染状況によって、予定変更の可能性があります。

会場は福生駅西口すぐの福生画廊です。

芦屋美術博物館の講演について

現在、元太郎の原画展開催中の芦屋市立美術博物館では、1月23日午後と、24日午前の2回、元太郎が歴史考証イラストをテーマに講演を行います。
当初は、ギャラリートークを交える予定でしたが、緊急事態宣言による感染対策として、定員を30名に絞って、講演のみで開催することになりました。
詳しくは芦屋市立美術博物館のイベント情報をご覧ください。

イラスト完成発表会&講演会

元太郎が描いた明知城のイラスト2点のお披露目と、制作過程などをご紹介する講演会が、1月16日に恵那市の大河ドラマ館で行われます。

イラストの1点は明知城の全体像、もう1点は近郊の出城や集落の復元も含めた鳥瞰です。明知城は、急角度の切岸、空堀、畝状竪堀も良く残り、しかも公園化されている大変貴重な戦国山城。大河ドラマ館(大正ロマン館内)の背後の山ですので、ぜひ現地もご見学ください。

コロナ禍の状況でのイベントですので、限定30名で、2回開催。
事前申し込みは市のウェブサイトから、応募フォームへ
当日の立見席も若干あるそうです。

迷路絵本 香川元太郎の世界展

芦屋市立美術博物館にて12月5日 ~来年2月7日まで

「迷路絵本 香川元太郎の世界展」

が開催されます。
迷路原画100点、歴史考証イラスト原画50点の展示、立体迷路のクイズラリーコーナー、講演やギャラリートークなどが予定されています。
釧路市立美術館に続く巡回第2弾、歴史イラストを大幅に増やし、新たなラインナップで開催です。
おついでのある方、どうぞご覧ください。

出品原画をちょっとご紹介

迷路絵本の原画は、第1作の『時の迷路』に始まり、去年発売の『スポーツの迷路』までの中から100点。絵本とは別作品の2点も出品します。

『乗り物の迷路』より 空の乗り物
『おもちゃの迷路』より ブロックの中庭

歴史考証イラストは、人気の高い城イラストを中心に出品。古代寺院など城以外の作品もあります。元太郎は歴史教科書用のイラストも多く描いていますが、著作権契約の切れた過去作品を初公開。

熊本城
教科書用イラスト タイムトラベル江戸時代

立体迷路を通りながら行うクイズラリーは、大人も子供も楽しめます。
めざせ全問正解!(写真は釧路市立美術館での展示風景です)

2020年12月5日(土) 14:00~15:00 講演会&ギャラリートーク

2020年12月6日(日) 11:00~11:45 ギャラリートーク
講師 香川元太郎、香川志織
会場 講義室、展示室
費用 無料(要観覧券) 事前申し込み不要 直接会場へ
定員 12/5(土)講演会(定員50名(予定))&ギャラリートーク
12/6(日)ギャラリートーク
作者・香川元太郎と迷路絵本の共同制作者として活動する香川志織の2人で、迷路絵本の面白さや楽しみ方をお伝えします。小さなお子様から大人の方まで、迷路絵本をより楽しめるようになるイベントです。

2020年1月23日(土) 14:00~15:30 講演会&ギャラリートーク

2020年2月24日(日) 11:00~11:45 ギャラリートーク
講師 香川元太郎
会場 講義室、展示室
費用 無料(要観覧券) 事前申し込み不要 直接会場へ
定員 1/23(土)講演会(定員50名(予定))&ギャラリートーク
1/24(日)ギャラリートーク
香川元太郎が約30年描き続け、イラストレーターとしての原点といえる「歴史考証イラスト」の制作秘話などを展示原画とともに紹介します。

詳しくは芦屋美術博物館WEBページでご確認ください。

「めいろ!めいろ!!迷路!!!」オープン

緊急事態宣言が、首都圏でも北海道でも解除されました。
それを受けて、明日(5月26日)から、釧路市立美術館での原画展がオープンします。
すでに会場設営が終わってから休館していたのですが、ようやく開催!
釧路市の方々、どうぞよろしくお願いいたします。

釧路市美術館WEBページ

展覧会開幕延期のお知らせ

釧路市立美術館で行われる予定の原画展「めいろ!めいろ!!迷路!!!」は、北海道の状況により、開幕が5月16日以降となりました。
コロナウイルスにより北海道では全美術館、博物館が16日まで休館との事。
それ以降に開幕できるか、さらに延長になるかは今後の状況次第という事です。
ウイルス感染が収まって、平常に戻ることを祈ります。

展覧会開催見送り

釧路市立美術館から以下の発表がありましたのでお知らせ致します。

4月18日(土)から開催予定の
「めいろ!めいろ!!迷路!!!〜香川元太郎からの挑戦状〜」は、
新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国に及んだことにより、
釧路市が運営する施設について利用制限を行うため、現段階で
下記の期間閉館とさせていただきます。
楽しみにお待ちいただいておりました皆様には、大変残念な思い
とご迷惑、ご心配をおかけすることとなりますが、何卒ご理解を
お願い申し上げます。

閉館期間 4月18日(土)〜5月6日(水)

「めいろ!めいろ!!迷路!!!」最新情報

4月25日に予定されていた、元太郎としおりによるイベントは、コロナウィルス対策のため、延期となりました。
日程等は未定です。


展覧会は開催する予定です。

北海道は感染にブレーキがかかっているようで、緊急事態宣言の地域には入っていませんし、展覧会は開催予定。
でもこの状況では、イベントは難しいですね。
北海道、釧路の皆様にお会いできないのは残念ですが、状況が変わって、お伺いできることを願っています。(元)

「めいろ!めいろ!!迷路!!!」釧路市立美術館で開催

釧路市立美術館で、4月18日から6月21日まで、迷路絵本の展覧会が開催されます。迷路原画150点に、歴史考証イラスト20点も出品。
会場の一角には、立体迷路エリアも登場します。迷路絵本の世界に入りながら、クイズラリーをクリアしよう!

もう3年前から企画されていた展覧会ですが、直前になってコロナウイルスの感染が拡大し、どうなるか心配していました。しかし、釧路市立美術館は予定通り開催の方向で、準備して下さっています!
ウイルスとの戦いは長くなりそうですし、持続的な対策が必要。感染に注意しながら楽しんでいただきたいと思っています。お近くの方は、どうぞよろしくお願いいたします。

4月25日には、元太郎としおりによるイベントも開催。午前中はギャラリートーク、午後には、めいろとかくしえさがしの遊び会。その後サイン会も行う予定です。
会場では、迷路絵本をはじめ、迷路ポストカードや、城イラストのクリアファイルなども販売予定です。どうぞお越しください。

釧路市立美術館のウェブサイトへ

釧路市美術館特別展のお知らせ

2020年は、迷路絵本の原画展が複数会場で予定されています。
皮切りは釧路市立美術館!
迷路絵本の原画150点に加えて、城・歴史イラスト原画も20点出品。
会場には、迷路の中に入り込んで謎を解く「巨大立体迷路」も出現!
新型ウイルスによる不確定要素もありますが、元太郎としおりが出演するイベントも計画されています。

お城EXPO2019

お城EXPOとは?

お城EXPOとは?
一大ブームになりつつある「城めぐり、城郭めぐり」。
お城EXPOは、お城にまつわる貴重な展示やスペシャリストによる講演会など、
お城の知識を深めていただけるプログラムが盛りだくさんの城ファン必見のお城イベントです。

会期
2019年12月21日(土) 22日(日)

開城時間
09:00~19:30(最終日17:30まで) ※最終入城30分前まで

会場
パシフィコ横浜 会議センター

元太郎もワークショップで参戦!!

会場4階 14:00~15:00

テーマ「お城の絵を描こう」

城の復元イラストを多数描いてきた講師が、お城を描くコツを伝授します。
美濃金山城の遺構をモデルに、復元建物を描きます。

詳しくはお城EXPO公式ページでご確認ください!!

グスク・ぐすく・城

展覧会のご紹介です。

沖縄県立博物館・美術館「グスク・ぐすく・城-動乱の時代に生み出された遺産-琉球王国のグスク及び関連遺産群世界遺産登録20周年記念特別展」

開催期間:2019.11.19 ~ 2020.01.19

グスクから沖縄の歴史と文化をひもとく展覧会。
元太郎も、この「那覇港のグスク群」など、 グスクの復元イラストを5点ご提供。
機会のある方はどうぞご覧ください。