迷路絵本 香川元太郎の世界展

芦屋市立美術博物館にて12月5日 ~来年2月7日まで

「迷路絵本 香川元太郎の世界展」

が開催されます。
迷路原画100点、歴史考証イラスト原画50点の展示、立体迷路のクイズラリーコーナー、講演やギャラリートークなどが予定されています。
釧路市立美術館に続く巡回第2弾、歴史イラストを大幅に増やし、新たなラインナップで開催です。
おついでのある方、どうぞご覧ください。

出品原画をちょっとご紹介

迷路絵本の原画は、第1作の『時の迷路』に始まり、去年発売の『スポーツの迷路』までの中から100点。絵本とは別作品の2点も出品します。

『乗り物の迷路』より 空の乗り物
『おもちゃの迷路』より ブロックの中庭

歴史考証イラストは、人気の高い城イラストを中心に出品。古代寺院など城以外の作品もあります。元太郎は歴史教科書用のイラストも多く描いていますが、著作権契約の切れた過去作品を初公開。

熊本城
教科書用イラスト タイムトラベル江戸時代

立体迷路を通りながら行うクイズラリーは、大人も子供も楽しめます。
めざせ全問正解!(写真は釧路市立美術館での展示風景です)

2020年12月5日(土) 14:00~15:00 講演会&ギャラリートーク

2020年12月6日(日) 11:00~11:45 ギャラリートーク
講師 香川元太郎、香川志織
会場 講義室、展示室
費用 無料(要観覧券) 事前申し込み不要 直接会場へ
定員 12/5(土)講演会(定員50名(予定))&ギャラリートーク
12/6(日)ギャラリートーク
作者・香川元太郎と迷路絵本の共同制作者として活動する香川志織の2人で、迷路絵本の面白さや楽しみ方をお伝えします。小さなお子様から大人の方まで、迷路絵本をより楽しめるようになるイベントです。

2020年1月23日(土) 14:00~15:30 講演会&ギャラリートーク

2020年2月24日(日) 11:00~11:45 ギャラリートーク
講師 香川元太郎
会場 講義室、展示室
費用 無料(要観覧券) 事前申し込み不要 直接会場へ
定員 1/23(土)講演会(定員50名(予定))&ギャラリートーク
1/24(日)ギャラリートーク
香川元太郎が約30年描き続け、イラストレーターとしての原点といえる「歴史考証イラスト」の制作秘話などを展示原画とともに紹介します。

詳しくは芦屋美術博物館WEBページでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA