12/2 久しぶりの原画

快晴です。
最高気温13度。
着るものや体調で感じ方も違うけど、さちたろうは暖かだったと思い、しおりは寒かったそうな。

朝の散歩は別々で出て、遠くにいかないファービーが、こはるを待ってます。
しばらく待って、こはるが戻ってきたところで合流。
今日も一緒に家へ帰りました。

夕方は、出掛けに来客があって、出遅れたので、歩いて近所を散歩しました。
車で行きたいファービーが、家の前でゴネて、結局抱っこで出発。

川の脇の遊歩道を歩き、久しぶりにアミーゴまで行きました。
分かれ道で、何度かファービーが近道に行こうと主張したけど、却下!!
渋々だけど、最後まで歩きました。頑張ったね!!

今日の仕事。。。

しおりは、台湾版『無人島の迷路』のかくし絵をパソコン上で合成してみました。
元太郎に見てもらい、気になるところを修正する予定です。
「結構よくできてると思うよ。ちょっと手を入れればOKじゃないかな?」(元)

元太郎は、午後、府中の日本画サークル「たちばな会」の講師の仕事で出かけました。
段々高齢化して、少しずつ人数が少なくなっているのですが、それは、そういうものと考えて、それぞれのペースで楽しんでくださっているようです。

家での元太郎の仕事は、今日も城イラスト。
一昨日、終わらなかった高槻城の線画、ひととおり完成して、定着液を吹き付けました。
この後は、いよいよ絵の具で着色です。

今日は、久しぶりの原画が戻ってきました。
文溪堂さんが作っている、小学校6年生用の「社会科資料集」冒頭に載っている「日本の歴史迷路」です。
歴史を迷路でたどり、その時代のキーになるもののかくしえを見つける学習遊び。
もう10年以上、お使いいただいているのですが、現代が「令和」になったので、ちょっと微修正を入れるため、原画をお送りいただきました。
久しぶりに見ると、けっこう壮観!

11/10 いろんな実が

朝の空。
昨日の雨の雲が残っているのか、灰色の曇り空ですが、少し、雲の切れ目に青空が見えてます。

朝、9時頃、灰色の雲は無くなり、青空に白い雲が浮かび気持ちよく晴れてきました。
気温も暖か。動いていると汗ばむ感じです。

朝の散歩は、さちたろうが1匹ずつ別々で連れ出しました。
いつもは歩かないファービーが、意外と帰りたがらなくて、しばらく近所をウロウロしました。
こはるは、今日はお行儀よく、あまり引っ張らずに歩いてくれました。
時々チラチラこちらを見てくるのが可愛い。

夕方は、元太郎としおりで、智光山公園へ。
広場でフリスビーとボール遊びをしてきたようです。
今日は、こはるのフリスビーを「上手、ナイスキャッチ!!」と褒めてくれる人がいたそうで、ますますノリノリに。
ファービーも元気に走ってたみたいです。

今日の仕事。。。

元太郎は、午前中、府中のデッサンサークル「えんぴつの会」の講師の仕事で出かけました。
今日は落ち葉や木の実でモチーフを組んだようです。
「ホオの葉は知ってたけど、実は初めて見た。」と元太郎。
「センダンの実、フウの実、トチの実、皆さんがいろんな実を集めてくれたけど、それぞれ特徴があって、面白いよ。」

帰宅後は、昨日から始めた岩村城ラフ修正。
細かい修正指示に対応するため、建物はデジタルで描いているのですが、それでも結構大変。
「でも、最初の本格的な修正指示だから、2回目は修正箇所もだいぶ減るはず。ここを超えればきっと楽になるはず。」(元)

11/9 日本画クラブ展示中

朝から雨で、夕方までしっかり本降りでした。

朝、玄関を出たものの、雨がすごいので、こはるでさえ雨の中に踏み出すのを躊躇してます。
ファービーは、朝、ご飯を全部吐いてしまったので、お散歩はパスして様子見です。
覚悟を決めていざ、散歩へ!!

夕方は、雨が止むのを待って出かけました。
とはいえ、出る時まで霧雨が降っていたので、ファービーは短めの散歩に。。。体の調子は問題ないみたい。良かった!
こはるは川まで行くつもりだったけど、ファービーが来ないのを見て、ファービーのところに戻ってしまうから、こはるも散歩は短めになりました。

今日の仕事。。。

元太郎は午後、地元の日本画サークルの講師の仕事で出かけました。
今日はお休みのメンバーもいらして、ちょっと少なめでしたが、月に一度のサークルを楽しみにしてくださっている皆さん。
皆さんお近くなので、地元情報が聞ける機会でもあります。

ちょうど、サークルの皆さんの作品を、公民館のロビーに展示してくださっています。
入間市西武公民館の「日本画クラブ」です。
明日の9時からの入間ケーブルテレビの番組でも、紹介されるそうです!

元太郎としおり、今日は迷路絵本の編集さんと電話で打ち合わせもしていました。
これまでに描いた6枚(約半分)のラフをお送りして、ご好評を頂いたそうな。
タイトルの話やデザイナーさんとの打ち合わせなど、今後の段取りも相談。
こちらも進めないといけません。

とはいえ、目下の仕事から一つずつ片付けないと!
夕方からは、指示が届いた岩村城のラフ修正に取りかかっています。

11/4 今日のテーマは「布を張る」

今日もよく晴れて、とても暖か。
一時、冬みたいに寒くなったのが嘘みたい。
このぐらいの気温が過ごしやすくていいね。

夕方の散歩は智光山公園に行きました。
少し早めに家を出たので、ゆっくり歩く余裕があったね。
こはるはどんぐりに大喜びで、探しながら、嬉しそうに歩いてました。
明るいうちに行けたので、久しぶりに木道も歩きました。
車から降りたがらなかったファービーも、いいペースで散歩できて偉かったね。

今日の仕事。。。

元太郎は、午後、府中の日本画サークル「たちばな会」の講師の仕事で出かけました。
今日のテーマは、「布を張る」。
麻紙ボードに綿の布を張り込みます。
さちたろうやしおりも布に日本画を描いているので、その作品や、布を張ったパネルなどを参考に持っていきました。
今日は天気も良かったので早く糊が乾き、みなさん時間内にドーサ引きまでできたようです。

帰宅後、元太郎は昨夜から始めた二本松城の地形起こしを再開。
模式図とは言っても、けっこう地形が複雑で、簡単ではないようです。

10/13 写真を材料にして描く

朝から雨。
今日は1日中、本降りの雨でした。

今朝は、本降りの雨の中の散歩になりました。
雨嫌いのファービーは、家からほとんど離れず、すぐに帰宅。
散歩は好きなこはるでも、流石に雨の中、ぐっしょり濡れて歩くのは嫌なようで、いつもよりは短めで帰宅しました。

ファービーの、家の中での「遊んで!!」の主張が、強くなってきてる気がする。
通りがかりに目が合うと大きな目で主張してくるから、誰かしら相手をさせられているような。。。
そしたら、こはるも遊びたいよね。。。

夕方はの散歩はの時は、少しだけ雨が弱くなっていたから、川まで足を伸ばしました。
というか、こはるが、朝と同じコースを嫌い、引っ張っていかれた感じ。
気分転換になったならいいけど。

ファービーは、やっぱり家の近くだけ。
こはるを追いかけて家を出た時には、もう姿が見えなくて、そのまま帰ったそうな。

今日の仕事。。。

元太郎は、朝から、府中の鉛筆画サークル「えんぴつの会」の講師の仕事で出かけました。(犬の散歩に出る前)

えんぴつの会の課題は、前回の続きですが「写真から、建物のある風景を描く」
画家の中には、写真を材料にして描くのは邪道、実物を見て描くべきという方もいるのですが、元太郎は「建物を描く勉強としては、かえって写真の方が、パースの捉え方が理解しやすい。」と言っています。

今日のまとめの講評会。
どれも、写真っぽさは感じませんし、鉛筆画として上手くこなした作品が並んでいます。
写真を材料にする課題が続いたので、来月はモチーフを持ち寄ることにしたそうな。

帰宅後の元太郎は、等妙寺旧境内のラフスケッチ2枚目に取り組んでいます。
今度は石垣造りの光景みたいで、机の上には自分で撮った現地石垣の写真もあります。
でも、図面をパースに起こして写真とは視点を変えたり、現在は存在しない建物なども描くわけですから、「この仕事では、写真を見て描くというより、それも一つの資料って感じだね。」(元)

掲載DVDが届きました。

以前からNHKのBSプレミアムで放送されている「ニッポン不滅の名城」。
過去の番組がDVDになったそうで、元太郎のイラストが使われているものをお送りいただきました。
「小田原城」では石垣山城イラストをはじめ、小机城、滝山城、玉縄城イラストが。「明智光秀の城」では坂本城イラスト。
「松山城」では、元太郎が初めて復元案を描いた、創建時の本段も登場。
レンタル店にも並ぶようです!

10/7 予行演習しないと

曇り空です。
薄い長袖か、7分袖でちょうどいいぐらいの気温でした。

夕方の散歩は智光山公園へ。
しおりとさちたろうで行きました。

広場に到着しても、ファービーは芝生の手前で止まり、広場には入らず見学でした。
芝生のチクチクが嫌なのかも。
自分も毛が短くなったところだし、特にお腹の毛が薄いからね。
ファービーは根っからの室内犬で、外遊びはちょっと不得意です。実はネコ?

こはるは、ロングリードにして、フリスビーやボール遊びでのびのび。
涼しくなってきたので、長く遊べました。
もう6歳も近いんですが、いまだに走り回る遊びが好き!
初めて会った人には、かなりの確率で「まだお子様?」と聞かれるこはるです。

今日の仕事。。。

元太郎は、午後、早めの昼食を食べてから、府中の日本画サークル「たちばな会」の講師の仕事で出かけました。
皆さん集まりもよく、制作も進んだそうですが、次回に「布に描く」というテーマ学習をやる予定なので、そのための説明も行ってきたそうです。

日本画の伝統技法では「絹に描く」方法もありますが、初めから紙と張り合わせた綿布などに描くのは、さちたろうやしおりがよく使う独自の手法。
「でも、僕は自分の制作で使ったことないんだよね。一度、予行演習せんといかんな。」(元)

9/8 「建物のある風景」

朝は薄雲がかかっているものの晴れました。
昼頃曇ってきた後、だんだん雲が暑くなり、夕方に雨が降り出しました。

朝の散歩はさちたろう。
1匹ずつ順番で出しました。
後に出かけたこはるが、家に帰る途中で、出かける元太郎に遭遇。
大喜びで一緒に行きたそうにしてました。
そのまま引っ張って帰りましたが。。。

夕方の散歩は、しおりとさちたろうと息子、3人で出かけました。
息子と一緒ということで、ファービーのテンションが高い!!
遅れると、走って追いかけてきました。
広場で息子が全力で遊んでくれたので、こはるは超楽しそう。
帰りに雨に降られたけど、ワンズにとっては、とっても楽しい散歩だったようです。

今日の仕事。。。

元太郎は午前中、府中の鉛筆画サークル「えんぴつの会」の講師の仕事。
講評では、前回のテーマ「海を描く」を、家で仕上げて下さった方々の作品も並べていますが、どれも色鉛筆の色を重ねて複雑な海の色を表現している様子。
そして今日のテーマは「建物のある風景」で、海よりは形を取るのがちょっと大変。
来月も引き続いて取り組むことになったそうです。

家に帰ってからの元太郎は、飛騨市の城ラフスケッチ2枚目の向小島城。
地形のラフを修正した後、PCに読み込んで、建物案を赤で描きこんでいます。
お城の仕事は、全部「建物のある風景」と言ってもいいかも。
建物の考証は、やっぱり大変です。