9/11 知恵を絞っています

朝からいいお天気です。
もっと不安定なお天気になるかと思っていたのに。。。
でも、少し秋らしい日差しと風になってきた感じがします。

朝の散歩はファービーが先に出ました。
こはるは、置いていかれるのは不本意らしく、元太郎を引きずるように走って追いかけてきました。
一緒に歩き出すも、ファービーはすぐに引き返し、こはるだけ歩きに行きました。

夕方は豊水橋の河川敷公園へ。
風が涼しく気持ちがよかったです。
ファービーは匂い嗅ぎの散歩。ちゃんと歩いてくれました。

こはるはロングリードでボール遊び。
ぴょんぴょん跳ねながらロープのボールを振り回して走り回り、とても楽しそうでした。
飽きたところで水を飲んで、さあ、帰ろうか。

帰りはなんだかファービーが走りたそうだったから、車まで一緒に走りました。
ファービーが走ると、こはるも負けじと追いかけてきて、まとわりつくから、危うくつまずきそうになって危なかった。。。。

現在、兵庫県の芦屋市美術博物館で迷路絵本と城イラストの展覧会が計画されています。
今日は、展覧会の企画会社と博物館の学芸員の方からそれぞれ、出品作品リストやイベント計画が送られてきました。
どうやったら、コロナ対策をしながら遊び会ができる?
元太郎としおりがあれこれ案を出して、さらに学芸員さんにも電話でご相談し、知恵を絞っていました。
今年の12月から約2か月、また正式なことが決まったらお知らせします!

元太郎は、今度は吉田城のラフスケッチ、地形起こしです。
いつもの山城では、パースラインとラフの紙を別に作るのですが、吉田城は平城!
高さの違いがほとんどない地形なので、ラフの紙に直接パースラインを引いています。
その代わり、近世城郭なので町などの建物は大変そう。

9/5 建物は時短で

朝は雲もなく、とっても暑そうに晴れました。
今日も蒸し暑い。。。

朝は近所にちょっとだけ歩きに行きました。
こはるは元太郎と先に出て、ファービーは少し遅れて。。。
ファービーは今日も日向でこはるを待ち態勢に入ったけど、庭仕事をしたかったから引っ張って帰りました。

ちょうど庭仕事の支度をして出てきたところで、こはる帰宅。
短時間の作業で、ぐったり疲れました。
その後、しおりも草取りの続きをやってくれました。

夕方の散歩は阿須公園。
「また雨降るかな?」と支度は早めにしたものの、その時はまだ晴れていて暑そうだから、1時間ぐらい遅らせて出発。
着いた早々ダブルおしっこです。
入道雲があちこちにモクモク。これから雨になるかしら?

こはるはせっかく広場に入ったのに、元太郎がロングリードを忘れ、それでも少しだけ走ったようです。
出だし、少しゴネたファービーは、ちょっと励ましたらやる気が出て広場まで頑張って歩きました。帰りはやっぱり元気。

元太郎は昨日、その日のうちに月山富田城の地形を終わらせると宣言していましたが、昨夜遅くに、やっと終了したようです。
月曜から、金曜までかけての大仕事でした。

そして今日は、建物を描き込む作業。
いつもなら、建物はデータ上で描くのですが、とにかく数が多いので大変そう。
できるだけ速く描く方法はないかと考えて、PCで地形イラストのデータをグレーの線に変えて、拡大サイズで印刷。
そこに色ペンで建物案を描き込むという、初めてのパターンで、時短を画策。
ラフスケッチなので、詳細に描く必要はないし、たくさんの建物をシャカシャカ描くなら、手描きのほうがずっと速い!
ということで、建物は今日中に終わりそうです。

「城びと」さんから、「上田城ガイドマップ」の見本が届きました。
元太郎の上田城イラストが、クリアファイルになっていて、中にマップが入っています。
9月下旬ころから「城びと」サイトストアで販売の予定。
きっと、滋賀で行われる「出張お城EXPO」でも売られると思います。

取り出して、マップを広げるとこんな感じ。
もちろん、城内の案内図もあるのですが、裏面(どっちが表かよく分からないけど)には、上田場周辺の赤色立体図も載っているところが、新しい感じ。
「上田城と真田氏が名を上げた2度の上田合戦も、この図で地形を把握しながら見るとよくわかる。」(元)だそうです。

8/24 企画案出ました。

今日も雲が多め。
でも、日中は晴れました。
すごく暑かった数日前よりは過ごしやすかった。

今朝も、元太郎が犬たちを順番に外に出してくれました。
しおりは、家の周りの草取りをしてくれて、さちたろうは、亀の水換え、エサやり、庭の水まきをやりました。
みんなで手分けすると早く終わっていいね。

夕方の散歩は元太郎としおりで阿須公園へ。
ファービーはやる気なしの日。
まあ、それでも広場までは行ったから、駐車場から離れない日よりは歩いたかな。

こはるは今日は走りたい日?
広場に行く途中も我慢できず走り、広場でロングリードにしてからもフリスビーをくわえて走り回ってます。
ちょっと涼しかったから、やる気が出たのかも。。。

遊び終えたこはるを、待ってたファービーがお出迎え。
「やっと帰ってたビー!」「楽しかったよ!!」とでも話しているのかな?

しおりが自室で進めていた、次作迷路絵本の企画案の一つが、見せられる段階になったようです。
印刷し、これから元太郎が読んでみるそうな。
どんなお話になるのか楽しみです。

元太郎は、手がかかっていた小鷹利城の地形起こしがやっと終了。

PCで建物案を入れる段階になりました。
寝るまでに終わるかな?

現在、相模原市立博物館の常設展示に、津久井城のコーナーが作られているそうです。
貴重な城絵図を特別公開。

その後ろには、元太郎が描いた津久井城イラストも、印刷パネル展示中。
お近くの方は、ぜひご覧ください。

8/13 明日までかな。

今日も朝からよく晴れて、日差しが強いです。
午後、一旦曇り、雷が鳴って少し停電もしたけど、雨は降りませんでした。

朝、今日も元太郎が、犬たちを順番に外に連れ出してくれました。
こはるが外に出た時、お隣の奥さんを見つけて大アピールしてます。
ファービーは、帰ってきた時、草取りをしているさちたろうに挨拶してくれました。
今日は日向で草取りをしていたので、30分で止めるように、元太郎に厳命されました。

夕方の散歩は元太郎としおりで智光山公園へ。雷が通り過ぎた後の散歩です。
うちのあたりはまだ暑かったけど、公園に着いたら、少し涼しかったそうな。
始めあまりやる気がなかったファービーですが、しおりの励ましで、歩き出しました。

広場の真ん中にひまわり畑があって、満開です。
もうすぐ駐車場というところ、ベンチに猫がいるのに気がつかないこはる。
普段、他の生き物には敏感なのに、お疲れですか?

元太郎の仕事は、今日はパソコン作業だったようです。
地形起こしが終わって、スキャナーで読み込んだ後も、T先生が明知城を詳しく考察している文章を読みながら、細かい所を修正し、やっと建物案に入りました。
今回の仕事では、建物はまず元太郎が案を描き、それをたたき台に検討していただきます。
データ上での修正がしやすいように、地形と建物はレイヤーを分けています。
一段落するのは明日かな。

しおりは今日も、小田原城の色塗りを進めています。
屋根や畑、山の木などを塗ったようです。
こちらも明日くらいには、元太郎にタッチかな。

元太郎もよくお世話になっているお城のサイト「城びと」が、いくつかの書店さんでコラボフェアを開催中だそうです。
茨木県内などの本屋さんで、お城の本はもちろん、御城印帳などの城びとグッズも展開。
元太郎のイラストを使った一筆箋や、クリアファイルなども並んでいます。

8/7 家がいっぱい

今日も、晴れて、特に暑くなりました。
外に出て、庭のヒメシャラを見上げると、葉っぱに毛虫が。。。。
チャドクガの幼虫がウジャウジャ。。。
慌てて殺虫剤を散布し、込み入った枝を切って対処しました。
この夏、一番の暑さの中の作業で、汗だくでした。

暑いので、メインの散歩は夕方にし、、朝は用足しを兼ねて、近所を歩きました。
ちょっとでも、汗だくになって帰ってきた元太郎、朝の散歩も、もっと早い時間じゃないとダメだね。

夕方の散歩は6時頃に出発。
元太郎としおりで、豊水橋の河川敷公園へ行ってくれました。
6時過ぎても、そんなに涼しくなってなかったそうな。
ファービーはゆっくり匂いを嗅ぎ、休みながら歩き、こはるは面白そうな場所を探しながら少し遠くまで歩いてきた様です。

そして、こはると合流。

同じ場面のこはる。

亀のカアちゃんは、再び卵を生む準備に入った様子。
土の部分が少ない庭なので、穴を掘れる部分は限られているから、なかなか気に入らない様で、あちこちに穴を掘ってます。
こはるは気になって仕方がない。。。

元太郎の仕事は、小田原城の線画。
久々に、小さい家がいっぱいで、手間のかかる絵です。
今日の一日で、約半分進んだ感じ。
暑くて手にも汗をかくので、右手だけ手袋をして描いています。

本好きの人がおすすめ本を紹介する「ホンシェルジュ」で、迷路絵本シリーズを紹介して下さっている方がいらっしゃいました。
人気ランキング形式で5冊
売り上げ数とはまた違うランキングで、『おもちゃの迷路』もランクインしていたのが嬉しいです。

8/1 玉縄歴史館オープン

晴れました!!
そして関東も梅雨明けしました。
これから日に日に暑くなるのかな・・・。

散歩は今日も智光山公園。
日差しを考えると、木陰が多いからここがベストだね。
到着早々、用を足して、さあ歩くぞ!!

昨夜雨が降った様で、地面がかなり濡れていました。
土のところがぬかるんで、スニーカーが泥だらけになってしまった。。。
暑くなりそうだったから、いつもより大分早く出かけて、30分ぐらい歩いて帰りました。

元太郎は、今日は鎌倉へ。
大船駅から西へ1㎞ちょっとにあるお寺、龍宝寺。
江戸時代に建てられたという山門は、みごとな茅葺です。

お寺の敷地の一角にある、玉縄ふるさと館。
改装が施されたそうで、「玉縄歴史館」として新たにオープン。
今日はその開館だったそうです。

館の名前にもなっていますが、ここはかつて北条氏の中心城郭の一つだった玉縄城跡のすぐそば、玉縄城の範囲を広めに解釈すれば、城内ともいえる場所。
城址の整備などをしている、市民団体の拠点だそうです。
中心になるギャラリーもリニューアルし、そのオープニング展に、元太郎の城イラストを20点ほど展示していただきました。

原画ではなくプリントですが、このA1の大きさに。
よく見ると、絵を分割してA3に印刷したものを、4枚繋いでひとつにしてあります。
額装も含めて、そういった展示も全部、その市民団体「玉縄城址まちづくり会議」の方々の手作りです。
元太郎によると、おそらく、当分の間、展示されているそうです。

オープンセレモニーでは、市長がご挨拶されていました。
市民団体とはいえ、過去の講演者を見ると、今年の大河ドラマでも考証を務めている小和田哲男先生とか、歴史小説家として大活躍の伊東潤さんとか、メンバーがすごい。
非常に活発な活動をなさっているようです。

セレモニー終了後は、玉縄城址を訪ねました。
本丸跡は清泉女学院ですし、その周りの城址も大半は住宅地ですが、それでも起伏のある斜面には、当時の遺構が残っています。

この堀切も当時の遺構。
長らく玉縄城の調査、研究をしてきた大竹さんが案内してくださいました。
大竹さんも、元太郎が所属する「城郭史学会」のメンバーですし、日本画家でもあるので、長いお付き合いの方。
午後は、元太郎と二人でトークイベントだったそうです。
お疲れさまでした!

掲載紙のご紹介

ANA機内誌『翼の王国』8月号です。
コロナ対策のため、座席ポケットには入っていませんが、乗務員の方に声をかければいただけます。
今も変わらず毎月新しくなっていますので、もし搭乗の機会があれば、どうぞ一声かけてゲットしてみて下さい。

今回の「くらべる迷路」は、『物語の迷路』から、「銀河鉄道の夜」。
正方形イラストにするため、多少迷路のコースを作り変えていただきました。
そして、4つの間違い探しは、この連載中でも一番難易度が高いそうです。

7/26 あと3工程

今日は1日ほぼ雨でした。
11時頃、少し雨が止んでいる時間があったけど、すぐに暗くなってまた本降りになりました。
夜になったら、どこかで雷が。。。。

雨が止んだところで、散歩へ。
元太郎としおりが、豊水橋の河川敷公園へ行きました。

今日は、舗装した道だけを歩いたそうな。

雨が止んだから出かけたけど、到着してみたらまた雨が降ってきて、雨の中の散歩になってしまったそうな。

こはるは河原にも降りてみた。
水が増えてるからちょっと危ない。

今日は雨の中なのに、割とよく歩いたファービーですが、そろそろ帰りたくなった?

再び川のそばまで降りたこはる、ここら辺りには湧き水があるそうで、水が他より綺麗なんだとか。
でもその湧き水は、護岸コンクリートブロックのすき間から湧いています。
それって…?

豊水橋の上流には、笹井堰があります。
水が増えているから、流れがどうどうと音を立てて、けっこうな迫力。
いつもの駐車場から、初めてここまで歩きました!
ファービーがここまで頑張れたのは、意外に雨の中の散歩が、体温が上がり過ぎなくて良かったのかも。

元太郎は、出羽中山城の着色の続きをやっています。
ひと通り、城の形や建物に色が入りましたが、さて次の作業は?
元太郎によると、あと3工程。
1 人物を入れる。このスケール感だと、ある程度人のしぐさも描き込める。
2 影を入れる。影はとても大事で、影が入らないと立体感が出ない。
3 全体を見て仕上げ。木や草が単調な所にアクセントの色を入れたりして、可能な範囲で、絵としての魅力を出す。
・・・だそうです。

釧路市立美術館の迷路展が今日、最終日を迎えました。
コロナのおかげでオープンが1か月以上伸びましたが、そのぶん終了も伸びて、今日まで開催していただきました。
開催してからも、感染対策に神経を使いながらの開館など、スタッフの皆様はいつもの展覧会以上に大変だったと思います。
ご来場くださった皆様も、美術館の皆様も、ありがとうございました!