10/31 「ケバ」で表現

曇り空です。
雲行きによって雨が降る時間もありました。

夕方の散歩の時に、みんなで、投票に行きました。
ちょうど雨が止んで、帰りには空が夕焼けに。
明日は晴れるかな?

今日の仕事。。。

元太郎は、昨夜から始めた下呂市の「大威徳寺跡」の復元イラスト。
地形図に、標高を見やすく色ペンで書きこんだり、碁盤目を見下ろしたパースにしたり、色々下準備が終わり、地形起こし開始。
夕方には、鉛筆でのアタリが一通り終わりました。

等高線に薄い色を付け、ミリペンで地形を描き起こしていきます。
鳥瞰図なので、斜めに見下ろしていますが、描き起こしのタッチは、地形図や縄張り図で使われる斜面の表現記号「ケバ」と同じだそうです。

今回はラフスケッチですが、模式的な説明イラストをペンで描くときなどには、この表現で仕上げています。
「地形を描いたイラストは、遺構の説明図としての価値があるんだよね。
ラフで終わらせちゃうのが、ちょっともったいない。」(元)

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。