10/28 プロのこだわり

今日は朝から雲のないいいお天気でした。
気温も暖かだったけど、やはり着る物の調整は難しい。。。
失敗した?元太郎は、朝からくしゃみ鼻水で大変そうでした。

朝の散歩は別々で出たけど、帰りで一緒になりました。
さっきまで家で一緒にいたのに、外で会うと喜んで駆け寄るところが可愛い!!

夕方の散歩は、広瀬河川敷公園。
土手の上のサイクリングロードを歩いて、こはるは広場まで行ってフリスビーをしていました。
ファービーは、土手を降り、外の道を匂いを嗅ぎながら歩いて駐車場へ。
これはこれで楽しみ方のひとつです。

寒くなってきたので、フリースのブランケットをこはるにかけてあげたら、後から来たファービーが羨ましそうにウロウロして、こはるに唸られながらもブランケットの上に落ち着きました。
更に寒くなると、日向やヒーターなど、暖かい場所の取り合いが激化しそうです。

今日の仕事。。。

元太郎は、以前描いた小島城の修正の続きです。
午前中に、修正部分は概ね塗りつぶされていました。
「もったいないけど、歴史考証イラストはまず考証が最優先だからね。
新しい考証で描き変えるとなったら、たとえ絵としては前のほうが綺麗でも、躊躇なく塗りつぶす。
そしてもちろん、塗りつぶしなんか分からないように修正するのが、プロとしてのこだわりよ。」(元)

午後からは線描きです。
このイラスト修正では、いつものラフスケッチの代わりに、以前のイラストの画像を加工してラフを描いていたので、それをPCで開いて見ながら線を描いています。

夜には線描きが終わったようですが、ここで一度中断。
正家廃寺のイラストに追加資料が来たようで、ラフにそれを描きこんでいます。
今日は、別の資料も届いて、またラフを描く仕事予定が増えました。
忙しい毎日が続きます。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。