10/13 写真を材料にして描く

朝から雨。
今日は1日中、本降りの雨でした。

今朝は、本降りの雨の中の散歩になりました。
雨嫌いのファービーは、家からほとんど離れず、すぐに帰宅。
散歩は好きなこはるでも、流石に雨の中、ぐっしょり濡れて歩くのは嫌なようで、いつもよりは短めで帰宅しました。

ファービーの、家の中での「遊んで!!」の主張が、強くなってきてる気がする。
通りがかりに目が合うと大きな目で主張してくるから、誰かしら相手をさせられているような。。。
そしたら、こはるも遊びたいよね。。。

夕方はの散歩はの時は、少しだけ雨が弱くなっていたから、川まで足を伸ばしました。
というか、こはるが、朝と同じコースを嫌い、引っ張っていかれた感じ。
気分転換になったならいいけど。

ファービーは、やっぱり家の近くだけ。
こはるを追いかけて家を出た時には、もう姿が見えなくて、そのまま帰ったそうな。

今日の仕事。。。

元太郎は、朝から、府中の鉛筆画サークル「えんぴつの会」の講師の仕事で出かけました。(犬の散歩に出る前)

えんぴつの会の課題は、前回の続きですが「写真から、建物のある風景を描く」
画家の中には、写真を材料にして描くのは邪道、実物を見て描くべきという方もいるのですが、元太郎は「建物を描く勉強としては、かえって写真の方が、パースの捉え方が理解しやすい。」と言っています。

今日のまとめの講評会。
どれも、写真っぽさは感じませんし、鉛筆画として上手くこなした作品が並んでいます。
写真を材料にする課題が続いたので、来月はモチーフを持ち寄ることにしたそうな。

帰宅後の元太郎は、等妙寺旧境内のラフスケッチ2枚目に取り組んでいます。
今度は石垣造りの光景みたいで、机の上には自分で撮った現地石垣の写真もあります。
でも、図面をパースに起こして写真とは視点を変えたり、現在は存在しない建物なども描くわけですから、「この仕事では、写真を見て描くというより、それも一つの資料って感じだね。」(元)

掲載DVDが届きました。

以前からNHKのBSプレミアムで放送されている「ニッポン不滅の名城」。
過去の番組がDVDになったそうで、元太郎のイラストが使われているものをお送りいただきました。
「小田原城」では石垣山城イラストをはじめ、小机城、滝山城、玉縄城イラストが。「明智光秀の城」では坂本城イラスト。
「松山城」では、元太郎が初めて復元案を描いた、創建時の本段も登場。
レンタル店にも並ぶようです!

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。