7/30 いつもの地形起こし

雲が多い、今日も不安定なお天気でした。
どこかでゴロゴロいってる感じです。

朝の散歩は、今日も近所。
こはるは、ミンミンゼミの死骸に興味津々で、ずっと引っ張っているので、さちたろうが拾って鼻先に持っていきました。
充分匂いを嗅いだら、納得してくれて、やっと歩いてくれました。
ファービーは用を足したあと、近所を小さく回ってきたようです。
「朝のファービーの散歩はすぐ終わっちゃうね。」(元)

夕方は、智光山公園へ。
移動中に、空が暗くなってきて、車から降りたら、遠くだけど、ゴロゴロいっているから、短めのコースを選んで、駐車場に戻りました。
車に着いたところで雨が降り出し、乗ったら音を立てて降ってきた。
判断が良かったね!!

今日の仕事は。。。

元太郎は、今日からお城の仕事。
もう、取り掛かれるものがいくつかあるのですが、まず一番先に打ち合わせが済んでいる岩村城からだそうです。
大規模な山城で、地形起こしが重要。
地形図の等高線を10メートルごとに色分けしています。

次に、それを斜めから見たパースに描き写していきます。
等高線の高さに応じて、パースの紙をずらしていくのは、いつもの元太郎のやり方。
同角度からの赤色立体図もあるのですが、「城の後ろの山とか、データがない所もあるし、もう少し低い位置から見たい。やっぱり地形はいつものやり方で起こす。」(元)

しおりの部屋の模様替えがほぼ終わりました。
あとは、使い勝手を見ながら微調整です。
ちょうど今日ご依頼があって、画像データを大量にお送りすることになり、部屋のことは一旦中断してパソコンに向かってます。
作業をしてみると、パソコンの高さが目線より低くて、高さ調整が必要だと感じたそうな。

『忍者の迷路』ポケット版

ポケット版『忍者の迷路』の見本が送られて来ました。
このシリーズは迷路絵本シリーズの縮小版。
本が小さい分、大きいかくしえは見えやすいかも。
右の場面にも、大きいカブトムシのかくしえがあります!
持ち歩き易く、価格も安いポケット版、よろしければどうぞ。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。