1/10 建物は簡単?

今日もよく晴れました。
日差しが暖かそうなので、油断して外に出たら、空気は冷たくて寒かったです。

散歩は豊水橋の河川敷公園へ。
元太郎とさちたろうで行きました。
ボーダーコリーの9ヶ月の女の子と初めましてのご挨拶です。
人懐っこいけどおとなしい、とってもいい子でした。

広場でフリスビーをしました。
日曜日だけど人が少なくて、気兼ねなくロングリードができました。

ファービーもちょっとだけボールを投げてあげたら、くわえて運んで確保!!
今日はそれが楽しいようです。

遊び終わって駐車場に戻ります。
こはるはまだ、遊び足りないようです。

今日も元太郎の仕事は、飯盛城のラフスケッチ。
午後、やっと地形起こしが終わり、建物をペンタブで描いています。
地形起こしは技術的に複雑で、手描きじゃないとできない(わけではないけど、PCで描くのは多分もっと大変)。
でも、戦国の城の建物は想像の世界で、地形のように全体が繋がらないので、ずっと簡単なんだそうです。
「データで描けば、地形と建物のレイヤーを分けられる利点もあるしね。」

掲載本のご紹介です。

朝日文庫「テーマ別だから理解が深まる 日本史」 オールカラーの文庫です。
文庫だと1ページの文字数はそんなに多くないし、チラチラ見ているだけで日本史の流れが大体把握できそう。
でも、ちゃんと最近の考証など、新しい知識も入っているようです。
元太郎のイラストは、1点だけですが平泉の鳥瞰をお使いいただきました。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。