9/15 城のラフ10枚目

写真スポットのこの場所は青空だけど、周りにはいっぱい雲があります。
午後には全体に曇って、夕方には雨もポチポチ降ってきました。
気温は涼しくなって過ごしやすかったです。

朝の散歩は、元太郎が順番に行ってくれました。
最近天気が不安定だから、雨が降っていないうちに出とかないと。

夕方の散歩は元太郎としおりで智光山公園へ。
空が暗くなってきたので、雨が降る前にと慌てて出かけたそうな。
「雲が薄くて明るい方を選んだら智光山だった」というチョイスだったそうです。
(この間、さちたろうは医者へ行ってて帰りには降られました。)
ファービーは、こはるがグイグイ行く草むらじゃなく、舗装された道、分かれ道も行きたい方があるようで、その度に自己主張していたそうです。
大して雨に降られず帰ってきました。

元太郎は、何日もかかっていた吉田城のラフスケッチが、やっと形になって、ご担当の方にメールで送信しました。
7月末頃から、今年度描く城の仕事に取りかかり、集中的にラフスケッチばかり描いていましたが、これでとうとう10枚目です。

10枚の中には、ラフスケッチの検討や修正が、けっこう進んでいるものも。
この明知城は、もう3度目の修正です。
指示通りに修正するだけなら大変ではないはずですが、「縄張りの解釈も変えないとおかしい。その周辺の柵の立て方も変えないとつじつまが合わない」など、そう単純ではないようです。

でも、夜にはとうとう次の仕事に入りました。
またまたラフスケッチですが、今度は迷路絵本!
迷路絵本用のラフ用紙を印刷し、文章担当のしおりとイメージを相談していました。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA