7/26 あと3工程

今日は1日ほぼ雨でした。
11時頃、少し雨が止んでいる時間があったけど、すぐに暗くなってまた本降りになりました。
夜になったら、どこかで雷が。。。。

雨が止んだところで、散歩へ。
元太郎としおりが、豊水橋の河川敷公園へ行きました。

今日は、舗装した道だけを歩いたそうな。

雨が止んだから出かけたけど、到着してみたらまた雨が降ってきて、雨の中の散歩になってしまったそうな。

こはるは河原にも降りてみた。
水が増えてるからちょっと危ない。

今日は雨の中なのに、割とよく歩いたファービーですが、そろそろ帰りたくなった?

再び川のそばまで降りたこはる、ここら辺りには湧き水があるそうで、水が他より綺麗なんだとか。
でもその湧き水は、護岸コンクリートブロックのすき間から湧いています。
それって…?

豊水橋の上流には、笹井堰があります。
水が増えているから、流れがどうどうと音を立てて、けっこうな迫力。
いつもの駐車場から、初めてここまで歩きました!
ファービーがここまで頑張れたのは、意外に雨の中の散歩が、体温が上がり過ぎなくて良かったのかも。

元太郎は、出羽中山城の着色の続きをやっています。
ひと通り、城の形や建物に色が入りましたが、さて次の作業は?
元太郎によると、あと3工程。
1 人物を入れる。このスケール感だと、ある程度人のしぐさも描き込める。
2 影を入れる。影はとても大事で、影が入らないと立体感が出ない。
3 全体を見て仕上げ。木や草が単調な所にアクセントの色を入れたりして、可能な範囲で、絵としての魅力を出す。
・・・だそうです。

釧路市立美術館の迷路展が今日、最終日を迎えました。
コロナのおかげでオープンが1か月以上伸びましたが、そのぶん終了も伸びて、今日まで開催していただきました。
開催してからも、感染対策に神経を使いながらの開館など、スタッフの皆様はいつもの展覧会以上に大変だったと思います。
ご来場くださった皆様も、美術館の皆様も、ありがとうございました!

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA