3/20 今日から鳥取城

昨夜雨が降ったことを忘れるぐらいの、いいお天気です。
外に出た時はちょっと寒いかと思ったけど、動いてみたらちょうどいい気温感でした。

散歩待ちのワンズ。
息子が仙台へ次の住まいの手続きのため出かけるので、朝からバタバタしています。
それが、一段落してから散歩に出たので、だいぶ待たせてしまった。。。。

今日は元太郎とさちたろうで、豊水橋へ行きました。
橋のたもとの駐車場に車を停めると、上流に行くコースと、下流に行くコースがあります。
歩きたがらないファービーが、少しでも気が乗る方向はどっちか?考えて、下流へ向かって歩き出しました。

風が案外強くて、ファービーの耳がはためいてます。

お花とこはる。ラブリーな感じ。。。。

少し歩いたところで、「もう歩かないビー」とゴネるファービー。
こはるには先に行ってもらって、さちたろうとファービーはここでお留守番。

こはるはグラウンドの周りを散歩してます。

ちょうどグラウンドの向こう側に、さちたろうとファービーがいます。
「遠すぎて判別できませんが。」(元)

一周して帰ってきて合流。
この後一緒に車へ向かいました。

元太郎は、迷路絵本の線描きをちょっとお休み。
今日から「鳥取城」の本画に入りました。
まずは、地面の黄土色をエアブラシで吹くところから。。。
「今回は特に遠近感をつけたいから、遠景の地色は淡い紫にしてみた。」(元)

次に、マスキングをして水の着色。
これもエアブラシでグラデーションをつけて、遠くは色が薄くなるように吹いています。

ラフスケッチをライトテーブルで透かして、線描きに入りました。
上から3分の1くらいまでは、線描きが終わっているらしいのですが・・・?よく分からないね。
「線描きも、遠景は4Hをかるーく使って薄い色の線にしてるからね。いつも、手前になるほど線の色を濃くするんだけど、今回は特に差をつけないと。」
城イラストでは珍しく空が入る構図で、うんと遠景まで見えるから、普段より遠近感を意識しているようです。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA