2/20 元太郎より丁寧です

朝7時20分の空。
まだ朝焼けの色が残る空です。
日の出は大分早くなってきたけど、山が近いから日が当たってくるのは遅い方。
やっと直接お日様が見え始めたぐらいの頃です。
雲があるけど、良いお天気になりそう。。。

ワンズの散歩は、元太郎とさちたろうで豊水橋へ。
ファービーが歩き出した方へ行くことに。
今日も上流を目指すようです。

そのファービーがなかなか来ない。。。
こはるが後ろを振り返って気にしてます。

ファービーはここでピタッと動かなくなってしまった。。。
「こはるちゃん遠くに行っちゃったよー」と声をかけても見てるだけ。

「ファービー来ない。。。」
せっかく振り返って待ってくれてるのにね。。。

さっさと車に戻って、「もう行かないビー!!」
駐車場の近くしか歩いてないです。

こはるは芝生の広場まで行って、ロングリードでフリスビーをしました。

とっても躍動的。
ファービーとは対照的です。

元太郎は、昨夜下地の色を付けて、今朝から迷路絵本の線描きに入りました。
「この場面は、化石がたくさん登場するから、線画には手間がかかるんだ。色は比較的楽だと思うけどね。」
最初の場面としての魅力もほしいですし、まだ今回の絵本のスタイルなどが出来上がっていないので、その意味でもちょっと時間がかかりそう。

しおりはキャラクター設定画の色塗り、丁寧にやっています。
2人目が終わったところ。
紙は、線画には向いてるけど、色が塗りにくいケント紙です。
「よく綺麗に塗れるな。」(元)「手数かければね。」(しおり)

でも夕方、別の仕事が・・・。
展覧会用の拡大迷路コーナーの校正で、こんなのが15枚ほど。
元太郎がざっくりチェックした後、しおりもチェック中です。
校正もしおりのほうが丁寧!
チェックした赤字(最終的に修正指示するかどうかは別ですが)も元太郎よりだいぶ多いようです。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。