2/16 町田イベント報告

朝は曇り、9時半頃から、雨が本降りになりました。
多分そんなに気温は低くなかったんでしょうが、肌寒く感じるのは日差しがないからかな。

散歩は雨が降る前、そしてみんなが出かける前に、さちたろうがこはるを連れて出ました。
途中駐車場で用を足しながら、何かをじっと見ているこはるの視線を追うと、車の陰から。。。

猫がじっとこちらを見てました。

今日は視線が気になるこはる、木の匂いを嗅ぎながらも、後ろから物音がする度、ビクビク。。。いちいち振り返ってました。

こはるを撮ろうとカメラを構えていたら、視界に動くものが。。。
カワセミのつがい?が飛んできて、止まった。。。
急いでシャッターを切ったらすぐ飛んでいっちゃったけど、なんとかカメラにはおさまりました。
もう少し性能の良いカメラなら良かったんだけど。。。
「いや、これでもすごい。僕はもう何年も前から、カワセミ見かけるたびにスマホのシャッター押してるけど、こんなにはっきり撮れたことない。」(元)

ファービーは、元太郎が出かける前に、外に出してくれました。
近所を歩くだけだけど、こはるが帰ってくる頃に雨が降り出したから、出してもらって良かった。
こはると家に帰る前に、元太郎としおりは町田に向かって出発していました。

ここからは、元太郎のイベント報告です。

11時前に町田に到着しました。
町田も雨でしたが、今日は絵本と児童書のイベント「よむよむわくわくin町田」が、駅のそばの「町田パリオ」で開催されます。
連日、新型ウイルスのニュースも流れるので、人が集まってくれるかどうか心配していました。

でも、会場はそれなりに賑わっていて一安心。
今日はプロジェクターを使っての遊び会。
読み聞かせのプロ・けいたろうさんのお話し会が終わったところで、会場の設営開始です。

迷路絵本の販売コーナー、既刊本もたくさん並んでいます。

イベントが始まりました。
元太郎は「迷路マラソン」のランナー、しおりはマラソン会場のスタッフという設定で、編集のYさんがパソコン操作係です。
今日の進行は、概ねうまく行ってたんじゃないかと思います。
お客さんも多かったけど、手を上げてる子供に1回ずつは当てられたし、親御さんにもクイズ答えてもらったし、楽しんでもらえたんじゃないかな。。。

サイン会も、大勢の方が並んでくださいました。
ご希望の方には、写真撮影にもお答えしています。

今日のイベントには、若き迷路作家「吉川めいろ」さんも来てくださいました。
元太郎とはタイプの異なる王道の迷路を、いっぱい作っている方で、作品は色々な企業の商品などに使われています。
『めいろどうぶつえん』の著作もあり、以前からTwitterで交流があったのですが、お会いするのは初めて。
迷路作家の交流も考えていらっしゃる様子で、私もめいろさんの活躍に期待しています。
迷路がひとつの文化として盛り上がったら嬉しい!