1/22 線が描きやすいケント紙で

今日は曇り。寒い1日でした。
これからしばらく天気の悪い日が続くそうです。
日差しがないと寒い!!

家事を終え、ワンズの散歩に出れるようになったら、荷物が届く時間になっていました。
しおりが出かけて留守だったから、さちたろうは荷物受け取りのために留守番。
散歩は、元太郎が1人で2匹を連れて行ってくれました。
あけぼのこどもの森公園へ行ってきたようです。
久しぶりだね。

ムーミン谷を連想する建物がメルヘンチック。
でも、その向こうにはショベルカー。
ここから先は工事中で通れません。

変わった建物が絵になる風景を作ってます。

ワンズにとっては景色より匂いの方が興味あるようですが。。。

飯能の山の麓にある公園なので、奥へ行くとそのまま山に入っていく道に出ます。
昨年の台風以降、通行止めになっていましたが、今日行ってみたら通れそう。
このはがいた時には、たまにこの山道も登って、尾根上の遊歩道を散歩していました。
こはるは行けそうだけど、ファービーは厳しいだろうな・・・と、引き返したそうです。

元太郎は、午前中は迷路絵本の仕事。
迷路絵本には、既刊の絵本を縮小版にしたポケット版シリーズがあります。
次は『水の国の迷路』。
ポケット版では見返しの絵をちょっとだけ変えることにして、昨夜そのためのカットを描いていました。
今日はPhotoshop(画像を扱うアプリケーション)で、既存の絵と合成しています。

午後から大垣城のイラスト本画に入りました。
黄土系の地面色をエアブラシで吹き付けてベースの色を作ったあと、シャーペンで線描きに入るのは、いつもの鳥瞰図のパターン。
でも、必ず同じ技法というわけでもありません。
今回は、城下町もあって家が密集するので、線描がとても多い!
そこで、凹凸がなく絵の具を重ねる技法には向かないけど、線が描きやすいケント紙で描いています。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。