1/11 江戸城ラフあと少し

雲が多い朝だったけど、その後雲が晴れて、いいお天気になりました。
日差しのおかげで今日も暖かでした。

散歩は元太郎としおりで、豊水橋へ。
車を橋の下あたりに止めて、下流に向けて歩きました。

こはるは引っ張りがひどいから、元太郎にリードで抑えられてます。
ファービーは颯爽と歩いてる。。。今日はやる気がある日かな?

行ったことのないコースに進んでみた。

テトラポットが積み重なった、壁が行く手を阻んでます。
残念、行き止まりでした。

「残念だったビー。。。」とこはると会話をしながら歩いてるみたい。
その後、霞川の土手をしばらく歩いてから、いつものコースに戻ったそうです。

夕方、遊んで欲しくて主張してきたワンズに、おもちゃを出して遊びました。
ファービーは戦いごっこ、こはるはボール遊び。
こはるは取ってきたボールを確保したい。。。

ボールを渡したくないけど、撫でてほしい。。。の図。

今日は満月。コンビニに買い物に行った元太郎が、気づいてパチリ。

元太郎は「太田道灌時代の江戸城」の地形起こしを完成させました。
いつものラフスケッチの段取りでは、この次はパソコンに読み込んでデータ上で建物案を描くところです。
データのほうが修正指示に対応しやすいからですが、今回の監修の西股先生は建物配置まで全部指定される方なので、ラフの修正率が低い!
なので、建物も紙に赤ペンで描き込んでいます。

最後はパソコンに読み込んで、形を整え、野原、湿地、水などを色分けします。
今日、寝るまでには終わるでしょうか。

しおりは迷路絵本のデザイン案を考えているらしい。
今までは、文字部分のデザインに関しては、どちらかというと編集さんやデザイナーさんが考えて下さっていました。
でも今回は、本文のスタイルや文字スペースの印象も変えることになったので、作者からも案を出して、編集さんやデザイナーさんに検討してもらおうと思っているそうです。
元太郎はデザイン作業は苦手だし、これはしおりの得意分野(たぶん)。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。