5月12日・2枚のパースを使って。

日差しは暖かだけど、風が爽やかな、過ごしやすい1日でした。

元太郎は、昨日まで線描きしていたイラストが一段落したので片付けて。。。

先日打ち合わせをした、学研「歴史群像-戦国の城」のラフスケッチを始めました。
まずは、基本となる地形を起こすため、地形図や縄張り図にメッシュを引いています。
今回は山城で、遠景も入るので、縮尺の違う2つの図を使います。
描き始めるまでの準備作業がけっこう面倒。

今日の散歩は、智光山公園へ。
元太郎、しおりにさちたろうも加わり、家族みんなで行きました。

9日からバラフェアが始まっているので、バラ園を目指しました。
バラは咲き始めてはいたけど、全体にまだ蕾が多かったから、もうちょっとしてからの方が綺麗かも。。。

それでもこはるは嬉しそう。
全般的に興奮気味で、引っ張りながら歩いてました。

ファービーは行き倒れた?

疲れたのか、あちこちでこうしてお腹を付けて休んでました。
暑さ寒さに弱いファービー、今が一番いい季節なんだけどなあ。。。。

こんな環境の中を日常的に散歩できるなんて幸せ。
この後、ワンズに水を飲ませて帰りました。
しかし、車は腰痛には良くない。。。。

こはるの最近の楽しみは、亀の観察。
こうしてサッシ越しに外を眺め、亀が動くと知らせてくれます。

元太郎、朝始めたラフスケッチがここまでできました。
平面図のメッシュを斜めに見下ろしたパースラインを書き、その紙を下敷きにして描くのが、いつもの山城の地形起こしです。
描く部分の高さに合わせて、パースの紙を上下に移動させて形を起こすので、アナログだけど形は正確なはず。
でも、今回の構図では近景と遠景がはっきり分かれ、それぞれ見せ所が異なるので、あえて近景用と遠景用に異なるパースを用意したそうです。
近景ではなるべく城が大きく見えるように、遠景では広く地勢が分かるように。。。
正確な地形にこだわってるのに、いいの?
「違和感が出ない程度の、ちょっとしたデフォルメ。それができるのがイラスト復元の良いところ。」だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA