10月4日・「光の杖」デザイン進行中


曇り空です。
木曜、金曜と雨の予報だったけど、予想よりは降らないのかな。。。


朝の散歩はさちたろうとこはるで川方面へ。
ちょっと肌寒かったけど歩いているうちに平気になりました。
草が少し枯れ色になってきて、草の穂が道にも垂れてます。
こはるが穂先をいちいち確認しながら歩いてます。匂いが違う??


元太郎とファービーは団地の中をまわる散歩。
団地の敷地内を流れる川を見たら。。。
「カモだビー!!」


編集のIさんから、再び「光の杖」の表紙デザイン案と、箱デザイン案のデータが届きました。
表紙の絵はこの間確定したけど、帯の色のことは話してなかった。。。
本が店頭に並ぶまでに、いろいろ決めなくてはならないことがあります。


元太郎は午前中、絵画サークル用のレジュメを作っていました。
たまの講演では大抵レジュメを作りますが、毎月行っているサークルではちょっと珍しい。


今日のサークルは「たちばな会」です。
来月、特集講座として構図を考える練習をするので、今日はその予習も少し。
構図の考え方の基本みたいなものを、簡単にレクチャーしたそうです。
それ以外の時間はいつものように、皆さんがそれぞれの絵を、それぞれのペースで制作中。


帰ってからは、この「戦国期の江戸城」に取り掛かりました。
山の部分は、坂田城との並行作業で緑の木を描いていたのですが、「よく考えたら、梅が咲いている季節なのに、合わない。」と結局、緑の木の大半を冬枯れの木に描き変えています。
「こうなると、湿地もちょっと緑っぽ過ぎるし、これも色を変えないと・・・」結局、並行作業が失敗だった?
やっぱり、1枚1枚それぞれを新しい視点で描かないと!急がば回れですね。