7月31日・やっぱり手描きが速い


今朝は暑いと覚悟して起きたら、曇り空。
やっぱり日差しがないと、ちょっと涼しい。
日が出て来る前に、急いで出かけないと!!


今朝の散歩もこはるが先。。。ファービーはそれで習慣付いちゃったようです。
いつものコースを歩いているけど、やたらと後ろを振り返る。。。誰か来ないかなあ。。。と探しているみたいです。


遊歩道を抜けたところでゴールデンのソラくんに会いました。
お母さんにも撫でてもらって大満足。この後は足取り軽く帰りました。


ファービーは近所で終わりの短い散歩。
それでも、丹念に匂いを嗅いで、あたりのチェックはしっかりやってました。


夕方の散歩は元太郎としおり。
だいぶ遅い時間になっちゃったけど、阿須公園に行って来たそうです。
薄暗い中、またまた煙と化してます。


最近、名前を呼ばれても寄って来るどころか逃げちゃうファービー。
顔を拭かれたり、ブラッシングされたり、構われることが大嫌い。。。
だから、じっとこちらを見てても呼んだら逃げる???


おや、嬉しそうに寄って来ました。
超かわいい。。。


元太郎は、昨日描き始めた2枚のラフスケッチ(三崎城と岩槻城)をひととおり描き終りました。
午後、編集さんにお送りしたら、夕方返信が。もう伊東先生の原稿が上っているそうです。
元太郎もそれを読んで、曲輪の名称が本文と同じ表記になるようにしたり、縄張りの解釈が違う部分を一部修正したりして再送信。

 
そんな作業もやりながら、『光の杖』背景の、本画の準備をしています。
最初の見開きは、さちたろうが既にブラックライトインク用の原画を描いているので、それとラフスケッチを合わせたデータを印刷、本画用紙の裏に貼るところです。


本画準備の一環で、先日買ってきた紙を切断。
これは、しおりが中心でやるのを、元太郎がサポートしてた感じです。

しおりは、キャラクター部分の本画を次々描いています。
前回はデジタル絵で描いたのですが、今回は手描き。
「やっぱり、同じクオリティなら、デジタルより手描きのほうが速い!」
傍で見ていても、そう思います。
一般には、デジタルのほうが楽で速そうなイメージがあるようですが、実際はそんなことはありません。
元太郎が手描きから離れられないのも、それが理由の一つです。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。