5月12日・総出で展覧会準備


爽やかによく晴れています。
気温は暑すぎず、でも寒くもなく、一番過ごしやすい気温なのでは。。。
元太郎の花粉症がなければ、窓を開け放ちたいんだけどなあ。。。


朝の散歩は元太郎としおり。
昨日、さちたろうが、また足を痛くしまして、申し訳ないけど、二人に散歩をお願いしました。
阿須公園へ、今日は1回の散歩で許してもらおう!!


土曜日で、グラウンドでは野球をやっているから、こはるがそちらを気にして、いつもよりは集中力がなかったそうな。
それでも、昨日は歩くだけの散歩だったから、たくさん走りました。


ファービーは・・・しおりが撮影した写真のほとんどが草の中、に伏せている写真でした。
今日は風に当たりに来た様だね。


元太郎は、昨日の夜からお城の仕事。
ラフスケッチを2枚修正したあと、こんどは過去に描いたイラストの修正。
過去といっても半年前に描いた諏訪原城です。
近年進んでいる現地調査の結果を反映させて描いたのですが、その後さらに新しい調査成果が出たそうです。
6月に島田市と藤枝市同時開催で、元太郎のお城原画展が行われるのですが、それまでに修正できないかというお話・・・。(>_<)
取り急ぎ、データ上で修正案を作ってお送りしました。


しおりは、「忍者の迷路」色塗り?ではなく、原画展のポスター用の画像をお送りする準備をしています。依頼された画像のほとんどが、大きいサイズで保存してあったので、手間は半分以下で済みましたが、送り終えるのに、午後3時過ぎまでかかりました。
その後は色塗り作業に戻ってます。


さちたろうは、原画展に出展するイラストを、しまってある引き出しから出すのと、スキャンし終えたイラストを片付ける作業をやっています。
引き出しには、番号順に分けてしまってあるので、能率よくできる様に、午前中準備をして、午後から作業を始め、やはり3時過ぎまでかかりました。
立ったりしゃがんだりだったから、腰が痛くなっちゃった。。。体がボロいです(>_<)


元太郎も、夕方には『忍者の迷路』の仕事に戻りました。
次は9枚目の線画準備。
ラフスケッチに、迷路のコースやクイズのネタなどのポイントを色ペンで描き込んで、夕飯後、本画用紙に枠取りを始めました。

掲載紙のご紹介です。

『ベスト・パートナー』(浜銀総合研究所)


伊東潤先生のお城連載、今回ひとつはこの浄福寺城。
八王子城の奥にある城だそうです。
ツイッターでこの絵をみた方から、「日本にもこんな凄い城があったの?!」と反響があったそうです。
でも元太郎によると、自然地形の痩せ尾根を利用するのは、古い山城の常とう手段なので、これに近い感じに復元できる城は、けっこうあるそうです。
尾根の木を切った状態を描くと、凄い城壁のように見えますよね。


そしてもう一枚は丸子城。
今度展覧会を行う藤枝市からも近いお城です。
実は元太郎の原画とのコラボ企画で、城郭模型の専門家の岐部博さんが、元太郎のイラストを参考に、この城や諏訪原城の模型を作って下さっているそうです。
展覧会は6月後半から。いろいろ準備が進んでいます!


ファービーの大事なドーナツちゃん、最近見つからなくて、ここ数日みんなで探していたら、元太郎が見つけてくれました。
ファービーは大喜びで遊んでいたら、こはるが狙ってる。。。喧嘩はダメよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA