1月25日・黒のペンと赤のペン

2014-0125-sora

曇り空です。天気予報で今日はとても暖かくなるという予報でしたが、日差しが少ないので寒く感じました。

2014-0125-gen2

それでも、元太郎の朝の散歩の時は、まだ青空も・・・

2014-0125-gen3

お昼過ぎには随分雲が厚くなってきました。明日は天気が崩れ、気温が下がるらしいです。出かける用事があるのになあ・・・ (・ε・)

さちたろうは土曜日の午前中、指圧に行っています。指圧から帰ると、何だか眠くて、午後はしばらく何もできないです。それでも、確定申告も近いし、やらなくてはいけないことがあるので、ちょっと休んだ後は、パソコンに向かいました。せっかく指圧に行ったのに、肩凝ったあ・・・

2014-0125-gen1

元太郎は、学研「歴史群像-戦国の城」のラフの続きを描いています。黒のペンで地形を起こしたあと、赤ペンで建物を描いているところ。なぜ色を分けるかと言うと・・・地形起こしは資料でもらった縄張り図通りに立体化しているのでほぼ変更は無いのですが、建物は考証の考え方で配置や形の変更があると思うので、編集や監修の先生にその違いが分かりやすいように色分けしているそうです。また、複雑な地形の場合、色分けしないと何を描いているか分からなくなってしまうというのもあるそうな。。。

2014-0125-gen4

夕方、ラフが出来上がり、スキャナーで読み込んで、樹の色、川の色もパソコンで色付けし分かりやすくして、メールでデータを編集さんに送りました。監修の先生のチェックを待ちます。

そして、再び「かずの冒険」。。。修正点のご指摘を受けたのでそこを直し、その後は線描きの続きをやるそうです。がんばれ〜〜!!

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。