鳥取城攻防戦
戦国時代

810 鳥取城攻防戦

戦国期に山名氏が築城。尼子氏、毛利氏、争奪の地となった。毛利方の将が篭る城を、信長配下の羽柴秀吉が攻めた際には、多数の陣城が鳥取城を包囲し、大規模な兵糧攻めが行われた。鳥取城は江戸時代にも近世城郭に改修されて存続する。

考証 香川元太郎 2017年

PHP研究所 『よみがえる日本の城』

日本城郭史学会

(元太郎が所属する城研究会)

学研「歴史群像 デジタル歴史館」

このサイトのすべての画像・文章の無断転載・複製・改竄を禁じます。

管理人 さちたろう

当サイトはリンクフリーですが相互リンクはお断りしております。

Copyright (c) Gentaro Kagawa & shiori kagawa All Righrs Reserved.