高知城 

 江戸時代

75  高知城

天守のある本丸と、御殿がある二の丸(上)が並び立ち、廊下橋によって連結された構造が個性的。二の丸の石垣に取りつく階段は、石垣下から御殿へのショートカットで、江戸後期の増築と思われる。

考証 香川元太郎 2003年 PHP研究所『名城を歩く』8

86  高知城天守

現存する天守の一つで、小ぶりながら内部は6階建て。一階の土台部分には忍返しが付く。

考証 香川元太郎 1994年  学研『名城の天守総覧』

浦戸城

 戦国時代

    浦戸城

(個人蔵)

長宗我部氏が秀吉の軍門に下った後、居城として整備した。手前が観光地として知られる桂浜。右下の出丸には現在坂本龍馬銅像が立ち、背後の海は埋め立てられて駐車場となっている。中井均氏監修。

日本城郭史学会

(元太郎が所属する城研究会)

学研「歴史群像 デジタル歴史館」

このサイトのすべての画像・文章の無断転載・複製・改竄を禁じます。

管理人 さちたろう

当サイトはリンクフリーですが相互リンクはお断りしております。

Copyright (c) Gentaro Kagawa & shiori kagawa All Righrs Reserved.