徳島城 
江戸時代

87 徳島城 大手口

江戸時代の阿波の中心、徳島城の江戸中期を想定。大手口から見る。左の太鼓櫓は、天守に匹敵するもので、背後の天守と合わせて壮観。

考証 香川元太郎 1994年 学研『名城の天守総覧』

786   徳島城

蜂須賀氏によって築かれた当時を推定。山上の本丸に天守があったが、後に、御殿の背後の曲輪に移された。周囲は水郷地帯で、川や海岸線の形は現在と大きく異なっている。

考証 福永素久 2015年 『歴史群像132 8月号』

勝瑞城
戦国時代

253 勝瑞城

応仁の乱の主役の一人、細川勝元をはじめとする細川氏の本拠地。方形館と呼ばれる平城で、当時としては大規模な城下集落と、惣構えを持っていた。

考証 本田昇 1992年  『歴史群像シリーズ29 長宗我部元親』

東山城

 戦国時代

279  東山城

阿波別街道と並行する間道を押さえる城。四国の山城の中でも完成度が高く、主要部には石垣が廻る。

考証 西股総生 2009年 『歴史群像94 4月号』

畑山城

 戦国時代

784  畑山城

土佐の長宗我部元親が阿波へ攻め込むための拠点。小さな城だが、そのぶんイラストでは人の動きも表現できた。

考証 福永素久 2015年 『歴史群像130 4月号』

日本城郭史学会

(元太郎が所属する城研究会)

このサイトのすべての画像・文章の無断転載・複製・改竄を禁じます。

当サイトはリンクフリーですが相互リンクはお断りしております。

Copyright (c) Gentaro Kagawa & shiori kagawa All Righrs Reserved.

管理人 さちたろう