カルタゴ

 BC3世紀 チュニジア

778  カルタゴ

ローマと地中海の覇権を争った、アフリカの都市国家。詳しいことは不明だが、円形の港に多数の軍船(ガレー船)を収容していたという。

ウルの街

 BC21世紀 イラク

620  ウルの街

ウルはシュメール人が作った都市国家。城壁に囲まれ、中心にはジッグラットと呼ばれる神殿がそびえていた。古代メソポタミアには同様の都市国家がいくつも存在したが、そのジッグラットのひとつがバベルの塔のモデルと想像される。

アレクサンドリア

 BC3世紀 エジプト

マケドニアのアレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)によって開かれたとされる港町。そのシンボルとなった大灯台は、古代の「世界の七不思議」の一つに数えられ、海中からその遺構も発見されている。

600  アレクサンドリア

コンスタンチノープル

 15世紀 トルコ

東ローマ(ビザンツ)帝国の首都。半島上に位置し、陸続きの部分は特に堅固な城壁で守られていた。東方のイスラム圏などからの攻撃を何度も跳ね返し、難攻不落とされていた。

難攻不落を誇った城郭都市も、オスマン・トルコの攻撃によってついに陥落した。この際「バジリカ」と呼ばれる大砲が使われ、初めて大砲が攻城に効果を発揮した例として知られている。トルコの配下に入った町は「イスタンブール」と名を変えた。

610  コンスタンチノープル

611  落城

マサダ要塞

 1世紀 イスラエル

628  マサダ要塞

紀元前にヘロデ王が完成させた離宮の要塞。ユダヤがローマの支配に反旗を翻したユダヤ戦争で最後の砦となった。ローマ軍は巨大な坂道を建設して要塞を攻める。3年が過ぎてついに兵糧が尽き、ユダヤ人たちは集団自決したという。

ギザのピラミッド

 BC25世紀頃 エジプト

619  ギザのピラミッド

有名なギザの三大ピラミッド。右からクフ王、カフラー王、メンカウラー王のピラミッドで、河岸からカフラー王ピラミッドへの入り口にスフィンクス神殿がある。ピラミッドは白い化粧石で覆われ、頂上部は金色だった。

サマルカンド

 1220年 ウズペキスタン

613  サマルカンド落城

中央アジアの要衝サマルカンドは紀元前からオアシス都市が発達していた。様々な王朝の支配を受け、13世紀にはホラズム帝国の首都となっていたが、モンゴル帝国の攻撃で落城する。

当サイトはリンクフリーですが相互リンクはお断りしております。

Copyright (c) Gentaro Kagawa All Righrs Reserved.

このサイトのすべての画像・文章の無断転載・複製・改竄を禁じます。

 管理人 さちたろう

中学歴史教科書

学研「歴史群像 デジタル歴史館」

日本城郭史学会

(元太郎が所属する城研究会)

香川元太郎Twitter