伊賀忍者屋敷

 江戸時代

465  伊賀忍者屋敷

現地に残る屋敷をモデルに、その構造を図解。様々なからくりや抜け穴がある。実際にどの程度利用されたのかは不明。

考証 滝井利彰 2003年

『歴史群像シリーズ71 忍者屋敷と忍者』

伊勢神宮
古代〜現代

538 伊勢神宮

内宮本殿の建築構造を表現した。棟持柱など、古代の建築様式を今に伝える。20年に一度の式年遷宮によって建て替えられる。

考証 香川元太郎 1997年 『分解図鑑 日本の建造物』

伊賀上野城
江戸時代

811 伊賀上野城

筒井定次が居城とした城に、藤堂高虎が改修を加えた。大阪の豊臣氏が意識された高虎の築城では、本丸に全国1、2を争う高さの石垣が築かれたが、豊臣氏は滅亡。本丸は未完のままとなった。

考証 香川元太郎 2017年 PHP研究所『よみがえる日本の城』

日本城郭史学会

(元太郎が所属する城研究会)

このサイトのすべての画像・文章の無断転載・複製・改竄を禁じます。

当サイトはリンクフリーですが相互リンクはお断りしております。

Copyright (c) Gentaro Kagawa & shiori kagawa All Righrs Reserved.

管理人 さちたろう