今回は『自然遺産の迷路』

裏話

 MAIL MAGAZINE vol.21

今回は『自然遺産の迷路』の裏話をご紹介します!

『自然遺産の迷路』はシリーズの他の本とは違う作り方をした本だということをご存知ですか?

実は『自然遺産の迷路』は、雑誌に連載したタイトルだったんです。

毎月1場面を描き、12場面そろったらそれを一冊の本にまとめる、という計画で1年間の連載が始まりました。

でも、初めは大まかな設定や題材を決めただけでのスタートでした。

連載しながら絵本の設定を詰めていき、最終的に雑誌とは色々な違いができることになりました。

連載していた雑誌は「PHP」。

大人向けの雑誌なので、文章も大人向けに書いていました。

また、サイズが小さめの雑誌なので、細かいものをさがすような問題は入れずに、小さい絵でもわかりやすい問題になるように工夫しています。
『自然遺産の迷路』を絵本として出す際には、これに探し物クイズなどを加え、絵本用に作った設定とつじつまが合うように修正もしました。

連載時は12の自然遺産を題材にしていたのですが、絵本は、最後の場面を敵の秘密基地にすることになったのです。

その結果、雑誌には載っていたのに本には入っていない幻の迷路が出来ることになり……

その迷路は、その後ほとんど世に出ていないので、またどこかでお見せできる機会があればよいのですが……(下の画像がその迷路です)

普段とは違う苦労が多かった『自然遺産の迷路』ですが、最終的に設定等、それ以前のものより凝ることができましたし、とても良いものができたと思っています。

少し大人向けで派手さは少ない題材ですが、一番好きだと言ってくれる子も意外と多いんですよ!

アルゼンチン 
ロス・グラシアレスの迷路

このサイトのすべての画像・文章の無断転載・複製・改竄を禁じます。

当サイトはリンクフリーですが相互リンクはお断りしております。

Copyright (c) Gentaro Kagawa All Righrs Reserved.

 管理人 さちたろう