今回は『進化の迷路』

裏話

 MAIL MAGAZINE vol.17

今回は『進化の迷路』の裏話をご紹介します。

『進化の迷路』は、初めて監修をお願いした本でした。

遊び絵本で「監修者」はちょっと珍しいかも・・・。

 

でも、初めて生き物をテーマにしたこと、古代生物に関しての知識が少なかったことから、専門家に監修して頂こう、ということになったのです。

とはいえ、専門書ではなく迷路絵本ですから、微細な部分まで解説するのが目的ではありません。

古生物全体の要点を押さえて、柔軟にご指導いただける先生にお願いしたいところです。

 

編集さんに検討して頂き、子供向けの図鑑も手掛けていらっしゃる国立科学博物館の冨田先生に、監修をお願いすることになりました!

普段なかなか得られない知識や経験を得る事って、大人でもとても楽しい事ですよね。

迷路絵本でも、そんな楽しみをお届けしたい!!という思いを持って作っています。

先生の(博物館内の)研究室にもお邪魔させて頂き、専門家ならではのお話を聴けたり、資料も見せて頂き、新鮮で楽しい経験ができました。

『進化の迷路』から監修をして頂く事も増え、一人では得られない知識をお届けすることができるようになりました。迷路絵本の世界もとても広がったと思います\(^o^)/

ティラノサウルスの形にもアドバイスをいただきました。「こいつは頭が大きいのが特徴なんですよ!」
そこで、下絵より少し頭を大きく描きました。

この5作品も監修の先生をお願いして制作しました。迷路絵本シリーズ全12冊のうち、ちょうど半分が専門家とのコラボ作品です(^^)

前のページへ

このサイトのすべての画像・文章の無断転載・複製・改竄を禁じます。

当サイトはリンクフリーですが相互リンクはお断りしております。

Copyright (c) Gentaro Kagawa All Righrs Reserved.

 管理人 さちたろう